女子駅伝岡山県チーム入賞へ一丸

女子駅伝岡山県チーム入賞へ一丸

 第35回全国都道府県対抗女子駅伝(15日・京都市西京極陸上競技場発着=9区間42・195キロ)の開会式が14日、京都市のロームシアター京都で行われ、岡山県チームの選手たちが3年ぶり11度目の入賞に向け、一丸での快走を期した。 全日本実業団対抗女子駅伝6位の天満屋勢を軸にバランスの取れた布陣。正選手9人のうち前回経験者が6人いるほか、残る3人も昨年、高校駅伝などで全国舞台を踏んでおり、経験豊富なメンバーがそろった。 オーダーは当初の予定通りで「岡山代表として走らせてもらうからには結果で応えたい。積極的に先頭集団に食らい付く」とふるさと選手として初の1区を担う大森(興譲館高出)。2、4区は西脇と谷本の天満屋コンビ、3区には全国中学校駅伝で女子の最優秀選手・山本を起用する。広瀬監督(青陵高教)は「4区までに入賞圏内につけられれば、後半の高校生も気負わず走れる」と理想の展開を描く。 5年ぶりにアンカーを務める主将の小原は「中高生が元気なので、自分も責任を果たす。自身10回目の出場でもあり、良い記念となるようなレースをする」と決意を新たにした。 優勝争いは兵庫、大阪、愛知が中心とみられ、入賞を狙う岡山のライバルは京都、静岡、熊本あたりか。レースは午後0時半にスタートする。 ◇…岡山県チームのオーダー…◇1区(6キロ)      大森 巴菜(TOTO)2区(4キロ)      西脇  舞(天満屋)3区(3キロ)      山本晏佳吏(琴浦中3)4区(4キロ)      谷本 観月(天満屋)5区(4.1075キロ) 三宅 紗蘭(光南高2)6区(4.0875キロ) 青木 未晴(興譲館高2)7区(4キロ)      金光 由樹(操山高1)8区(3キロ)      市本 桃子(琴浦中3)9区(10キロ)     小原  怜(天満屋)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

23時14分更新

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索