県内今季初のオキシダント情報

 岡山県は20日、県内で今季初となる光化学オキシダント情報が赤磐、備前市と和気町で発令されたと発表した。発令日は昨年と同じで時期としては平年並み。 県環境管理課によると、大気中濃度の発令基準(1時間値0・1ppm以上)に対し、午後1時に熊山測定局(赤磐市)、同2時に三石測定局(備前市)でそれぞれ0・106ppmを記録したため、対象エリアの2市1町が発令した。いずれも同5時10分に解除。健康被害などの報告はないという。 県は、備前市内の協力工場10カ所に窒素酸化物などの排出削減を要請した。オキシダントは目やのどの痛みを招く場合があり、同課は「発令時は不要不急の外出を控えてほしい」としている。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

16時21分更新

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索