岡山で中国地区Gゴルフ大会開幕

岡山で中国地区Gゴルフ大会開幕

 第23回中国地区グラウンド・ゴルフ交歓大会(日本グラウンド・ゴルフ協会、中国地区グラウンド・ゴルフ連絡協議会主催、山陽新聞社など後援)が20日、岡山市北区いずみ町の岡山県総合グラウンドで始まった。21日まで。 中国5県から約710人が出場。開会式では選手を代表し、清水博さん(68)、敬子さん(66)夫妻=岡山市北区=が「日頃の練習の成果を発揮し、友好の輪を広げ、健康で心豊かなひとときを分かちます」と宣誓した。 初日は各県混合の1組7、8人でラウンドし、16ホールでスコアを競った。選手たちは「上手」「惜しい」などと声を掛け合いながら、はつらつとプレー。倉敷市の男性(69)は「愛好者が大勢集まってプレーするのは楽しい。ホールインワンを決めたい」と話していた。 大会は5県の持ち回りで毎年開催。21日は8ホールで競う。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

山陽新聞の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

14時49分更新

岡山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索