軽井沢町で15人が死亡したスキーツアーバスの転落事故からきょうで4年となり、バスを運行していた会社の社長が現場を訪れ、改めて謝罪しました。
けさ5時前、バスを運行していた東京の「イーエスピー」の高橋美作社長が、軽井沢町の事故現場を訪れ、慰霊碑に花を供えました。
高橋社長は「お亡くなりになられた皆さま方のご冥福を改めて心よりお祈り申し上げます、本当に申し訳ありませんでした」と述べました。
事故は2016年1月15日の未明、スキーツアーのバスが軽井沢町の国道脇に転落し、大学生など15人が死亡、26人が重軽傷を負いました。
事故を巡っては、バスの運行会社の社長らが、業務上過失致死傷などの疑いで2年半前に書類送検され、長野地検が捜査を続けています。