諏訪市で先月、走行中の車の中で男性の足を刺してけがをさせ、現金5万円を奪った疑いで、下諏訪町の男が逮捕されました。
強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、下諏訪町の解体作業員・鎌倉淳弥容疑者30歳です。
調べによりますと鎌倉容疑者は、先月31日、諏訪市内を走行中の軽乗用車の車内で、市内の26歳の建設作業員の男性の太ももを鋭利な物で1回刺して2週間のけがを負わせたうえ、現金5万円を奪った疑いです。
当時、鎌倉容疑者が運転し、被害者が助手席に乗っていて、2人は顔見知りだったということです。
警察は、鎌倉容疑者が容疑を認めているかについて明らかにしていません。