県内はきょうも気温が上がり、安曇野市穂高で最高気温が20度となるなど、春本番を思わせる暖かさとなりました。
最高気温が4月中旬並みの18.4度となった松本市では、道行く人たちがコートを脱いで歩いたり、Tシャツ姿の外国人の姿もありました。
気象台によりますときょうの県内は、日本海にある低気圧に向かって南寄りの暖かい風が入り込み、各地で気温が上がりました。
最高気温は、安曇野市穂高で20度、上田で19.4度長野市信州新町で19.3度など、県内30のうち、28の観測地点で今年最高となりました。
あすは、北部は曇りがちで、中部と南部では、晴れ間が広がる見込みで今日ほどではないものの平年より高い気温が続くとみられています。