長野市はきょう台風19号災害の応急対応を担ってきた「災害対策本部」を廃止しました。
今後は去年12月に設置した「災害復興本部」を中心に被災地の支援を行います。
一方、これをうけて県も災害対策本部を廃止し、「暮らし・生業再建本部」を中心とする復旧・復興対策に移行することを明らかにしました。