新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカーJ2のリーグ戦がきのう4か月ぶりに再開し、松本山雅はアウェーで金沢と引き分けました。
新型コロナの感染防止対策で無観客で行われた再開初戦、山雅は立ち上がりから積極的に攻撃を仕掛けます。
前半19分、セルジーニョが放ったミドルシュートは、惜しくもポストにはじかれます。
守備では、ゴールキーパーの村山がビッグセーブを見せ、何度もピンチを救います。
山雅は14本のシュートを放ったものの、ゴールを奪うことができず0対0で引き分け、2月の愛媛戦に続く開幕2連勝とはなりませんでした。
山雅は来月4日の次節で甲府とホーム開幕戦に臨みます。
一方、J3の長野パルセイロは、きょう開幕初戦を迎え、アウェーで富山と対戦します。