浅間山の火山性地震はきょうは午後3時までに2回と落ち着いているものの、気象庁は「一時的なもの」とみて噴火警戒レベル2の火口周辺規制を継続し、警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、浅間山の火山性地震はきのうは24回、きょうは午後3時までに2回観測されました。
きのうの回数は、噴火警戒レベル引き上げ以降最も少ない回数で、西側の膨張を示すと考えられる傾斜変動も落ち着いているということです。
しかし、気象庁ではこの状態は「一時的なもの」とみていて、火口から概ね2キロの範囲に影響を及ぼす小規模の噴火が起きる可能性があるとして、火口周辺の立ち入りを規制する「噴火警戒レベル2」を継続し、警戒を呼びかけています。