夏の高校野球長野大会の代替大会の運営に役立ててもらおうと、元球児などでつくる団体が県高野連におよそ170万円を贈りました。
支援金を贈ったのは、県高校野球OB・OG連盟で、新型コロナウイルスの影響で中止となったマスターズ甲子園県大会の広告協賛金のうちおよそ170万円を高野連に託しました。
夏の高校野球長野大会の替わりに行われる大会は来月18日に開幕しますが、原則、無観客で開催され、入場料収入がないことから運営費の確保が課題となっています。
県高校野球OB・OG連盟の池口良明会長は、「勝っても負けても選手が、完全燃焼できる大会にしていただきたい」と、県高野連の関係者に、思いを伝えました。
OB・OG連盟では、来月からインターネットなどで、一般からの寄付も募ります。