何年先もキレイな肌でいるためには、正しいお手入れの積み重ねがとっても大事。でも今は、一見肌によさそうでも皮膚科学的には「やってはいけない」美容法がインターネットやSNS上にあふれている時代。情報に惑わされないで正しいお手入れの知識を身につけて、キレイの偏差値をアップしよ♪

お話を聞いたのは…

銀座ケイスキンクリニック
院長 慶田朋子先生
医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定専門医。2011年銀座ケイスキンクリニックを開設。最新の美容機器と注入治療をオーダーメイドで組み合わせ『切らないハッピーリバースエイジング』でメスを使わずキレイをサポート。20代のニキビ治療や脱毛、30代のシワやたるみの予防美容、40代以降のアンチエイジングまで、親子3世代で通いたいクリニック。


クリームはつけません
→実はコレ間違いです!
正しいスキンケアを始めないと30代・40代で差が出ます
スキンケアの基本は「洗う、湿す、守る(光対策)」の3ステップを毎日きちんと行うこと。でも最近は多種多様なスキンケアアイテムが発売されていて、どれを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。さらに、インターネット上では、皮膚科学的に間違ったお手入れや無意味な美容習慣が話題となっているのもよく目にします。やみくもに根拠のないクチコミ美容をとり入れるのはリスキー。肌によかれと思って忙しい中時間や費用を捻出していそしむ美容法がかえって肌に悪影響を及ぼすなんて、これほどもったいないことはありません。年をとってから後悔してもリカバリーするには時間も費用もかかるもの。今の内から正しいケアを継続することで10年先に結果が出ます。ぜひスキンケアを見直してみて。


\先生、なんでいけないの?/
クリームはつけません
→保湿とは「与える<守る」だから
「保湿というと、化粧水で水分を与えることだと思いがち。でも実は化粧水は省いてもいいくらいのものです」(慶田先生)
これを聞いて、驚いた人も多いでしょう。肌には天然の保湿成分を作る力があるので、毎日のスキンケアではそれを守ることのほうが大事だそう!

「肌のうるおいを守るためには保湿成分と油分が入ったクリームを、肌を包み込むようにつけて。ニキビに悪そうだからクリームはつけずさっぱり系の化粧水だけという人も多いのですが、それは逆効果。水分はすぐに蒸発するため、うるおい不足で乾いた肌はますます皮脂を分泌し、ニキビを悪化させる場合もあります」(慶田先生)
プラスαの保湿ケアとして、保湿成分が高濃度配合された美容液をクリームの前につけるのも効果的だそう。



◎顔全体に薄くのばすよ。クリームは、セラミドやヒアルロン酸など肌に水を抱え込む成分と、適度に油分のあるものがオススメ。


1.さっぱり系化粧水はブースター
化粧水をつけることで角層がやわらかくなり、重ねるアイテムがなじみやすくなるよ。大量につける必要はなく1〜2回重ねればOK。

冬はブースターとして使うのも◎

ハトムギ化粧水/編集部私物 S Cawa世代に大人気のハトムギ化粧水はブースターとしても優秀。肌をやわらかくし、美容液やクリームの浸透を高めてくれる。


2.プラスするならレチノール美容液
保湿力を強化したいなら、クリームの前にレチノール配合の美容液をつけるのがオススメ。肌のターンオーバーを促してくれるよ☆

純粋レチノールでお肌ぷるぷる

キソ スーパーリンクルセラム VA 1,371円+税/KISO(基礎化粧品研究所) 純粋レチノール(ビタミンA)原液3%配合の美容液。毛穴が気になる人、ハリやうるおいが欲しい人に。


3.ニキビ肌さんは「※ノンコメドクリーム」を
ニキビの原因でもあるアクネ菌の栄養源になる成分が含まれていない、ノンコメドジェニック処方のクリームなら安心だよ。
※すべての人にコメド(ニキビのもと)ができないわけではありません。

ノンコメド処方のクリーム

クリーム UFCセンシティブ 4,290円(税込み)/キールズ オリーブリーフエキス配合で肌を穏やかに整え、角層バリア機能をサポート。敏感肌さんにもオススメ!


もっと知りたい人はCHECK☆

『女医が教える、やってはいけない美容法33』
黒柳徹子さんも大絶賛! スキンケア方法はもちろん、顔ヨガ、美容鍼、まつ毛エクステといった美容習慣が、コワイ結果を招いてしまうものもあることをわかりやすく解説。1,300円+税/小学館