小麦粉をつけて油で揚げるだけだと思ってた・・・日本の天ぷらは奥が深すぎる=中国

 世界的に知られた日本料理の1つに天ぷらを挙げることができるだろう。中国でも天ぷらは広く知られているが、中国にも天ぷらのように衣をつけて油で揚げる料理は存在するため、日本では天ぷらが非常にポピュラーな料理であることが不思議に感じるようだ。

 中国メディアの網易はこのほど、日本人が天ぷらを好むのはなぜなのだろうかと疑問を投げかけつつ、天ぷらは中国人が思っているほど単純な料理ではないと伝えている。

 記事は、天ぷらが日本では「国民食」の1つと呼んでも差し支えないほどポピュラーで人気のある料理であることを紹介する一方、天ぷらはタネに小麦粉をつけて油で揚げるだけの料理ではなく、家庭で親しまれると同時に高級専門店も存在するほど奥深い料理だと紹介した。

 さらに、油で揚げるという作業があるが、油っぽさがタネの味をかき消してしまわないよう、油の種類、温度、揚げる時間などへの配慮が必要であるほか、高級専門店などは天気によって油の調合の比率を変えるといった奥深さも持つと紹介。上手にカリッと天ぷらを揚げることは簡単なことではなく、職人技が求められるとしながらも、職人が揚げた天ぷらは非常に美味しいのだと指摘した。

 中国でも小麦粉などの衣をつけて油で揚げる料理は存在するが、中国では数ある料理法の1つという位置付けにすぎないようで、日本のように天ぷらという1つのジャンルを確立するほどには至っていない。それだけに日本人の天ぷら好きが不思議に思えるようだが、同時に天ぷらが実は奥深い料理であることも驚きだったようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

サーチナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索