中国人はなぜ国内旅行を敬遠し、日本に行きたがるのか=中国メディア

 中国では長期連休の前になると「どこに旅行に行くか」が話題になる。近年は日本が人気となっており、繁華街や観光地はいつも大勢の中国人で賑わっている。中国メディアの快資訊はこのほど、「中国人は好んで日本へ行くのに、なぜ国内旅行を敬遠するのか」と問う記事を掲載した。

 もともと中国では旅行好きの人が多く、国内外を問わず旅行を楽しんでいた。しかし、近年は中国の経済発展に伴って国外との交流が増え、人々の生活水準も向上したことから、日本や韓国などの「国外旅行」が人気となっている。

 記事は、中国人にとっての人気の旅行先は「国内の風光明媚な自然を堪能する観光ツアーから、日本旅行へと移り変わっている」と主張。中国の旅行会社が提供する団体のツアーは「お買い得セール」のように「ホテル、食事、移動」の費用を全て含み、価格を抑えてあることから人気を集めてきたとしながらも、一見お得に見えるツアーの実態は「行く先々で別途費用が掛かり、入場券を請求されたり、記念品を売りつけられたり等の行為が横行している」と主張した。そして、客は「檻に捕らえられた動物のような感覚になってしまう」とした。

 すでに悪徳行為は改善されつつあるというが、今も多くの中国人に悪徳ツアーの印象は残っているようだ。これに対して、日本への旅行は、費用はかかるものの、「すべての価格ははっきりと明示されており、ころころ変わることは無いので安心できる」と主張した。このように「日本では観光地の価格も管理制御されているので、基本的にふっかけられることはない」と指摘した。中国人が、日本での旅行には安心感があると感じているのは嬉しいことだが、観光客の増加に伴い、中国人が中国人を騙す事例もあるので、是非用心して頂きたい。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


関連記事

サーチナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索