韓国の高速鉄道「KTX」に乗ってみた! サービスは良かったが「ガラガラだった」=中国

 韓国にはフランス・TGVの技術を導入した高速鉄道「KTX」が存在する。新幹線とも中国高速鉄道とも違う独自のサービスを提供しているKTXだが、中国メディアの今日頭条はこのほど、韓国を訪れてKTXに実際に乗車した中国人の手記を多くの写真とともに掲載し、「韓国を訪れる中国人旅行客が激減したことで、KTXの乗客も減少したようだ」と伝えている。

 記事は、韓国国内を移動する際には飛行機や鉄道、バスだけでなく、中国と同じように「高速鉄道」という選択肢も存在すると指摘し、江陵線であればソウル駅から終点の江陵までを1時間54分で結び、乗車券は2万7600ウォンだと紹介。江陵線は2017年12月に開通した新しい路線だが、特に新しさは感じられず、車両の外観も普通の鉄道車両と大差ないと主張した。

 さらに、車内の座席スペースも中国高速鉄道と比べてさほど広くなかったと主張する一方、車内は非常に清潔だったと指摘した。また、中国高速鉄道とは「乗車券の買い方」も異なっていたとし、乗車券さえ持っていればそのまま駅ホームに行けば良く、乗車券の確認はなかったと紹介した。中国では高速鉄道の乗車券はすべて実名制となっているほか、乗車の前には手荷物の安全確認が行われるため、こうした確認がなかったことに面食らったようだ。

 また記事は、KTXでは車内で軽食やミネラルウォーターが無料で配られると伝えたほか、やはり無料のWi−Fiサービスもあって便利だったと指摘した。

 一方、中韓関係が2016年のTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)配備を巡って悪化して以降、中国人旅行客は大幅に減少し、今も完全には回復していないと指摘し、これはKTXの車内でも見て取れたと主張。毎月一定数の中国人旅行客が韓国を訪れているが、この数字には韓国製品を中国国内で転売するため、韓国に買い付けに来ているブローカーが数多く含まれているとし、実際にKTXの車内には中国人旅行客の姿はほとんどなく、駅のホームも乗客がほとんどいなくて、非常に寂しい状況だったと伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


関連記事

サーチナの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索