中国メディア・東方網は22日、日本で人気が高い「ニセ中国料理」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、今や世界じゅうで華僑や華人がレストランを開業していることで、海外でも本場の中国料理を楽しめるようになったと紹介。一方で、現地人の好みに合わせて味を調節し、すでに本場の中国料理と一線を画したものもあるとしたほか、中国人が見たことも聞いたこともない「ニセ中国料理」さえ存在すると伝えた。

 そのうえで、日本で広く愛されている日本式の「ニセ中国料理」を4種類挙げて解説。まずは、白飯をカニ肉入りの炒り卵で包み、餡をかけた天津飯を取り上げ「多くの日本人は天津地方の名物料理だと思っているが、実際は日本人が創作した食べ物であり、天津に行っても食べられない」とした。

 次に挙げたのは中華丼だ。中華丼とは簡単に言えば八宝菜をご飯にかけた丼物だが、これも昭和の初期に東京の中国料理店が生み出した料理だと説明するとともに、八宝菜自体が中国に存在せず、中国にある「八宝飯」は全く別の食べ物だと説明している。

 さらに、冷やし中華については「この食べ物はわれわれとの関係はほとんどない」とし、単に「中華」と名前が付いた日本の食べ物であるとの見方を示した。そして最後に、一品料理の定番であるエビチリについても触れ、かつて日本で中国料理店を開いた中国出身の料理人が、本来豆板醤で辛く調味するところを、辛い物が苦手な日本人向けにトマトケチャップを入れて作ったのが日本のエビチリとして定着したと説明し「中国料理のエッセンスは失われてしまっている」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)