何か悪いことをしてしまったり、他人に対して迷惑を掛けてしまった場合、日本では謝意を示すのは当然のことだ。だが、中国人の感覚からすると、「日本人は謝りすぎだ」と感じるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が頻繁に謝罪することを紹介する記事を掲載し、その理由を考察した。

 記事はまず、日本人は他人に迷惑を掛けることを嫌う国民性であるがゆえに、いつも謝ってばかりいると紹介。しかし、中国人が気になるのは、日本ではテレビなどで「世間をお騒がせして申し訳ありません」と謝罪している日本人の姿を見かけることであり、「迷惑をかけた当事者に対して謝罪するならまだしも、なぜ日本人は世間という漠然としたものに対してまで謝意を示すのか」と疑問を投げかけた。

 続けて、日本人は集団意識が非常に強く、日本では「空気を読むこと」が大切とされているように、日本人の感覚では「集団の感情が個人よりも優先される」ことが多いと強調。それゆえ他人の集合である集団や世間を騒がせ、迷惑をかけるということは日本人の感覚では「謝罪に値すること」なのだと強調した。

 悪いことをした場合には謝罪する必要があるのは中国でも同じだが、実際には日本のように謝罪の言葉を耳にする機会はほとんどない。謝罪すれば、自分の非を認めているとみなされ、そこにつけこまれてしまう危険があるからだ。それゆえ、日本人が日常的に謝罪する姿を見ると、多くの中国人は驚いてしまうのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)