日本の公共交通機関などでは、目をつぶってうたたねをしている乗客の姿は決して珍しいものではないが、外国人から見ると日本人が様々な場所で居眠りをするのは「驚き以外の何物でもない」のだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人が公共の場で居眠りできるのは「寝ている最中に何かを盗まれる心配がない」という環境があってこそだと指摘する一方、日本人が居眠りをするのは「それだけ疲れているからであり、社会や日常における圧力が大きい」からなのではないかと主張した。

 続けて、日本人の平均睡眠時間は欧米諸国に比べて短いことは調査によって判明していると指摘する一方、日本人は電車や地下鉄内で「自らの睡気を押し殺そうとはしない」と指摘し、眠くなったらそのまま寝てしまう人もいると紹介。そして、日本人が公共の場所で寝るのは、日本の治安が良く、荷物や貴重品を盗まれる心配がないという「安心感」があるためであり、公共の場で騒ぐ人がいないといった「恵まれた環境があること」も1つの要因であると指摘した。

 さらに記事は、日本では学校や職場でも居眠りをすることに対して非常に寛容だと指摘し、これは「日本では居眠りは勤勉の証」と考える風潮があるためではないかと主張。一生懸命に働いたり、勉強したりした結果として「眠い」のであれば、居眠りをしても許される風潮があると指摘し、だからこそ日本では公共の場所で居眠りをしていても白い目で見らることはないのだと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)