日本の農村と中国の農村はどのように違っているだろうか。中国メディアの今日頭条は5日、日本の農村は「すばらしい発展を遂げている」と伝えつつ、家はまるで中国の別荘のようであり、中国と違って日本の農家はみな自家用車を持っていると紹介した。

 記事は、日本は世界的に見ても非常に発達した国であり、それゆえ中国人は「これほど発達した日本の農村は、どれだけ発展しているのか」と大きな好奇心を抱くと説明し、日本を訪れたことのある中国人であれば「同じ農村でも、日本と中国では巨大すぎる差があることをみな知っている」と指摘した。

 では、日本の農村は中国人の目にどのように映っているのだろうか。記事は、「中国人が日本の農村に対して抱くのは、上品かつ高級というイメージだ」と紹介。なぜなら、日本の農村で見られる家は、中国国内では富裕層しか所有できない「別荘」のような戸建住宅だからだと指摘。また、車を所有し、その車を何台も停めておくことができる敷地もあると伝え、こうした環境は中国では「お金持ちしか手にできない」のだと強調した。

 さらに日本の農村の道路はきれいに舗装されているうえに広々としており、信号機も整備されているといった点は都市部とほとんど変わらないと指摘する一方、中国の農村の道路は狭く、舗装もされていないという違いも指摘。また日本の農家では機械で農作業を行えるが、中国の農民は牛や馬をいまだに使用していると紹介した。

 「農村部は貧しい地域」というのが中国での一般的なイメージであるようだが、記事は日本の農村は貧しさを感じさせるどころかむしろ豊かさにあふれていると指摘。自然環境の豊かさと物質面での豊かさが両立し、また清潔感もある日本の農村はまるで「桃源郷」であると論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)