食べ物でも飲み物でも「冷たいものは一切口にしない」という中国人は多いが、中国メディアの快資訊はこのほど「なぜ日本人は温かくない弁当を口にするのか」と題する記事を掲載、この疑問に対する日本人の答えを知ると「感動を覚える」と論じた。

 記事は、日本人だって家などプライベートな場所では弁当を温めて食べると紹介しつつ、冷たいまま食べるのは公共の場所で「他の人に迷惑をかけない」ためだと指摘。公共のスペースで弁当を食べる時に、加熱した弁当はそのにおいが部屋中に広がってしまい周囲の人を不愉快にさせてしまうかもしれず、こうした状況を避けるために日本人は冷たいまま弁当を食べることもあると説明した。

 冷たいものを食べることは体を冷やすことにつながり、体を冷やすことは病気につながると考える中国人にとって、日本の冷たい弁当はどうしても抵抗があるようだ。だが、記事は日本の弁当は冷たいままでも美味しいように作られているのも事実だと伝えつつ、「日本に来たばかりの中国人は冷たい食物に慣れないかもしれないが、何度か味わううちに美味しいことに気づくようになるはずだ」と論じた。

 中国には食事を大切にする文化があり、その大切な時間でさえ日本人は「自己犠牲のもと、他人に配慮を示して進んで冷たい弁当を食べている」というのは中国人にとっては驚きであると同時に、中国ではなかなか見られない配慮であるためか、感動を覚える人もいるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)