9月1日に施行される改正医薬品医療機器等法(薬機法)では、薬剤師による「服薬期間中のフォローの義務化」が規定されている。調剤薬局に新たな役割が求められるなか注目されているのが、タブレット端末で操作する電子薬歴システム「Musubi」である。

 「Musubiは、患者さんの調剤薬局での体験と薬剤師さんの働き方を変革する、薬局体験アシスタントです」
 中尾豊社長はMusubiの機能を端的に語る。いまやコンビニエンスストアの店舗数を上回るほど、日本中にあまねく広がっている調剤薬局。もっとも、調剤薬局を病院で処方された薬を単に受け取る場所とみなす向きも少なくないだろう。医療業界は薬機法の改正、オンライン診療の開始など変化のただ中にある。そうしたなか、薬剤師と患者の関係も見直しを迫られているというのが中尾社長の見立てだ。
 「医療費の抑制が国の大きな目標として掲げられるなか、薬剤師に期待されているのは〝かかりつけ〟として機能すること。調剤薬局には患者さんの実情に応じた、よりきめ細かい服薬指導が今後求められます」
 Musubiはタブレット端末で操作する。画面の項目にタッチしながら患者と会話すると、薬歴の下書きを自動で作成。患者の疾患や服薬中の薬、生活習慣などの情報を元に、最適な服薬指導を提案する。たとえば、血糖値が高めの患者に対しては、ただ運動を勧めるのではなく、食後におこなう方が効果的である点を伝えるといった具合。指導内容はイラストとともに表示され、患者とのコミュニケーションを促進するきっかけにもなる。
 また、薬剤師の働き方におよぼす効用も見逃せない。
 「薬を処方した日のうちに薬歴を作成することは、調剤薬局の基盤となる重要な作業です。しかし、繁忙期は残業したり、週末にまとめて作成したりしているという話を薬剤師さんから聞きます。Musubiを導入後、月間の時間外手当を7万円ほど削減できた調剤薬局チェーンもあります」

薬局体験を手のひらに
 2017年に提供開始し、ユーザー数は数百社にのぼるMusubiだが、7月に大幅な機能強化を行った。
 ひとつめは、患者向けのおくすり連絡帳アプリ「Pocket Musubi」の提供。アプリでは服用薬に応じた質問項目を自動で送信し、服薬中の患者をフォローする。患者は質問に対する回答のほか、体温や食事内容、服薬状況などを入力。薬剤師は入力された情報を元に、直接的なフォローを必要としている患者に対応する流れになっている。最大の特徴は、患者の状況に応じた個別の情報が届く点だ。
 「患者さんが服用薬について詳しく知りたいと感じるのは、おもに調剤薬局を出たあと。例えば、子どもに薬を飲ませたところ戻してしまったとき、2個目の薬を飲ませるべきか。あるいは副作用があらわれ、服用をためらうケースもあるでしょう。そうしたときにPocket Musubiを介して薬剤師さんとやり取りし、適切なアドバイスを仰ぐことができます」
 もうひとつのサービスは、薬局経営にまつわるさまざまなデータを可視化する「Musubi Insight」だ。分析できるのは売り上げをはじめ、再来率・新患率、薬歴の記載完了率といった指標。このサービスを提供した背景には、薬剤師の働き方の見える化を図りたいとの思いもあったと中尾社長は話す。
 「特に複数店舗の調剤薬局を経営されている場合、在籍している薬剤師さんの人数も多くなるため、経営者は薬剤師さんが勤務時間中どんな作業をしているか、把握できていないケースが少なくありません。これまでは、提出された処方せんの枚数などから、働きぶりを想像するしかありませんでした。インサイトを活用すれば薬歴の記入に要した時間や、患者さんへのアドバイス内容も自動で可視化されます。仕事の見える化を通して、業務改善に向けた気づきを得られるのです」
 Musubiと連携するこれら二つのサービスを併用することで、改正薬機法への対応はもちろん、薬局経営の改善も期待される。
 母親が薬剤師で、祖父は内科医を務めるなど「医療」が身近な環境で育った中尾社長。大学卒業後、大手製薬会社に入社し、MR(医薬情報担当者)として活躍した。3年ほど経ち仕事で成果を収めつつあったころ、転機が訪れる。調剤薬局を経営する親類から事業承継を打診されたのだ。

「半歩先」を構想する
 事業承継を念頭に置き、ビジネススクールに通って「経営」を学ぶなか「社会的意義のあるサービスを開発し、自身も成長したい」との思いから独立を決意。「日本の医療体験を、しなやかに。」とのスローガンを掲げ、カケハシを立ち上げた。
 「さまざまなビジネスモデルを思い描くなかでたどり着いたのが、薬局業界の改善というテーマでした。業界の実態と問題点を探るべく、全国の数百件におよぶ調剤薬局を訪問し、ヒアリングを重ねました」
 現場を訪ねるうちにわかったのは、薬剤師の働き方の実情。薬歴作成に追われ患者に個別のアドバイスを行う余裕がない、患者との会話内容をカルテに記録したりする細かい作業が多い、といった課題を抱えていた。調剤薬局の働き方改革を支援し、患者とのコミュニケーションを価値あるものに変えたいとの思いのもと、Musubiは開発された。
 「現状からかい離した提案を一足飛びに行うのではなく、半歩先の世界がどこにあるかを探り、プロダクトを開発するのがこの仕事のむずかしさであり、面白さ」と打ち明ける中尾社長。システム開発には設計とプログラミングを繰り返し、改良を加えていく「アジャイル開発」と呼ばれる手法を採用。今後もユーザーの声を生かしつつ、機能の改良を加えていく。
 女性比率が6割をこえるとのデータもある薬剤師業界。自身の育児や介護体験を元にした助言への期待が高まっている。そのためには薬剤師の薬歴作成にかかる負担軽減など、業務内容の改善が欠かせない。「新たに提供した二つのサービスをMusubiにうまく連携させることで、医療体験にさらに価値を付加していきたい」と中尾社長は意気込む。 

COMPANY DATA
株式会社カケハシ
創 立 2016年3月
所在地 東京都中央区築地4-1-17銀座大野ビル9F
社員数 118名