留守家庭の小学生が放課後や学校の長期休業期間を過ごす放課後児童クラブ(学童保育)。新型コロナウイルス感染予防のための臨時休校の受け皿として必要性が再認識されたが、人員も設備も慢性的に不十分な状況だ。県内の現状や課題を探った。