県教委は25日、2020年度の公立小中学校と義務教育学校教職員の定期異動を発表した。教員の異動規模は前年度比6人減の3120人で、過去10年間で3番目に多い。退職者と新規採用者はともに過去10年間で最多だった。総合教育センター所長に大島政春(おおしままさはる)真岡西小校長(58)が就任する。発令は4月1日付。