ホテルに情報通信技術(ICT)などのテクノロジーを導入したベンチャー「NOT A HOTEL(ノットアホテル)」(東京都港区六本木)が栃木県大田原市湯津上地区に進出することが26日、分かった。予約やチェックインなどは専用アプリで行い、テレビやエアコンの操作などは部屋のタブレットで対応する。津久井富雄(つくいとみお)市長は「最先端技術を使った新しいスタイルのホテル。非常に期待している」と歓迎。那須地域の新たな観光拠点として注目されそうだ。