【日光】市内の宿泊施設でつくる「日光旬旅倶楽部(しゅんたびくらぶ)」(根本芳彦(ねもとよしひこ)会長)は7月1日、日光、中禅寺、湯元地区の宿泊施設を利用した県民を対象に、日光山輪王寺三仏堂などの無料参拝ができるサービスを始める。疫病退散のお札も無料で頒布する。新型コロナウイルスで大打撃を受ける中、同寺の協力を得た初めての試みで県民の呼び込みを図る。