【宇都宮】市内のキャバクラ店で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)などに関連し、市が28日に実施したPCR検査の全39検体がドライブスルー方式の市PCR検査センターで採取されたことが29日分かった。同日、佐藤栄一(さとうえいいち)市長の定例記者会見で市が明らかにした。