新型コロナウイルスの感染者が宇都宮市内のキャバクラ店で相次いで確認され、栃木県内初のクラスター(感染者集団)になったことを受け、福田富一(ふくだとみかず)知事は29日、記者団の取材に応じ、関係業界団体に感染防止対策を改めて求める方針を明らかにした。県内約3千店にガイドラインの徹底を再通知する。感染の広がりについては「現時点で想定される接触者・濃厚接触者はカバーしている」との認識を示した。