【豆知識】お城の防御設備「馬出」とは

【豆知識】お城の防御設備「馬出」とは

城兵の出入りのためには必要である一方、敵に狙われやすい城の弱点・虎口(出入口)。虎口防衛のために戦国の人々が知恵を絞って生み出した防御設備・馬出について、全国の城の実例をあげながら解説します。

敵の侵入を阻む防御施設
城の守備の要は、なんといっても出入口である「虎口」です。この虎口を死守するためにさまざまな工夫がなされてきたわけですが、今回はその1つである「馬出」についてのおはなしです。

馬出とは、虎口の前(外側)に堀を隔てて設けられた小さな曲輪のこと。半月型の「丸馬出」とコの字型の「角馬出」に大別されます。馬出の周りも堀がめぐらされていて、背面が土橋や木橋で虎口とつながっていました。規模の大きな城になると、「馬出曲輪(うまだしくるわ)」と呼ぶこともあります。

門の前に曲輪があると出入りにはとってもジャマですが、それこそが馬出の狙い。攻めてくる敵は、馬出があることでまっすぐに虎口に攻め込むことができません。また、馬出に兵を待機させておけば、弓矢や鉄砲を射かけて攻撃することもできます。

これに敵がひるんだものなら、討って出て追撃も可能。攻守両面に有効なスグレモノなのです。橋の守りと攻撃の拠点を兼ねる砦を、難しい軍事用語で「橋頭堡(きょうとうほ)」と呼びますが、馬出はこの役割を担っていることになりますね。

ネーミングから、騎馬兵が待機・出撃する姿をイメージしますが、まさに馬出が発展したのは、騎馬武者が駆けまわった東日本。特に、武田氏の城は丸馬出、後北条氏の城は角馬出が設けられていることが多くなっています。

丸馬出の周囲に設けた堀を「三日月堀」と呼びますが、丸馬出と三日月堀の遺構が見られる武田氏やその家臣が築いた城は、諏訪原城、小山城(ともに静岡県)、牧之島城、大島城(ともに長野県)、新府城(山梨県)など。

でも近年の調査で、「丸馬出を見るならここ!」といわれるほど見事な諏訪原城の丸馬出は、武田氏の築城時ではなく、後に徳川氏の大改修時に築造されたものだということが分かっています。このように、現在見られる丸馬出の遺構がすべて武田氏のものとは限らないので、注意が必要です。

後北条氏によって築城・改修された、角馬出の遺構が見られる城は、堀障子で有名な山中城(静岡県)をはじめ、滝山城(東京都)、鉢形城(埼玉県)、逆井城(茨城県)などがあります。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索