【豆知識】時報やお月見にも使われていた、お城の「やぐら」とは

【豆知識】時報やお月見にも使われていた、お城の「やぐら」とは

先史時代から防御施設として集落などに設置された櫓(やぐら)は、城郭の発展と共に多様な役割を持つようになりました。今回は、そんな櫓の発達の歴史と用途について解説していきます。

見張り台から発展した「櫓」
天守を小さくしたような造りの、近世城郭の「櫓(やぐら)」。城跡の整備事業で、櫓は門とともに再建されることが多々あります。天守がない城では特に、櫓が建っていることによってグッと「お城らしさ」が増しますよね。

実はこの櫓、天守よりもずっと歴史が古く、とても重要な役割を担ってきました。今回は、城になくてはならなかった櫓の役割と、その構造や種類を解説していきましょう!

櫓は中世までは「矢倉」や「矢蔵」と書かれていたそうです。これは「矢の座(くら)」、つまり「矢を射るための高い場所」が語源だとする説と、「矢を収納しておく倉」からだという説があります。曲輪の隅や門の周辺など、見晴らしが効く場所に建てられることが多く、主な用途は物見、つまり見張り台でした。

門とともに城の最も重要な守りの役割を担った櫓は、物見に加えて戦時は矢や鉄砲の攻撃拠点になっていましたし、平時には武器庫としても使われていたようです。

櫓の起源は、古代にまでさかのぼります。縄文時代の遺跡である三内丸山遺跡(青森県)では用途は未確定なものの、木柱を組んだ巨大な櫓状の建造物が復元されていますし、弥生時代の遺跡である吉野ヶ里遺跡(佐賀県)にも、環濠の張り出し部分に高床式の物見櫓が建っていたようです。

奈良・平安時代の城柵である多賀城(宮城県)にも掘立柱の櫓跡が発掘されていて、軍記物の絵巻などにも簡易な造りの櫓が必ず描かれています。また中世の山城跡でも、尾根の先端には物見の櫓が建っていたと説明されている所が多いですよね。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索