これぞ定番!佐倉城下町散策コース〜ご当地グルメで身も心も佐倉に染まろう〜

これぞ定番!佐倉城下町散策コース〜ご当地グルメで身も心も佐倉に染まろう〜

東京駅から約1時間の場所にある歴史の町、千葉県佐倉市。この町には(公財)日本城郭協会が選定した「日本100名城」の一つ、佐倉城があります! 台地の東西に展開する佐倉城と城下町。今でも残る面影を探して城下町散策をしてみませんか? 佐倉産食材を使ったご当地グルメや武家屋敷、江戸時代のままの雰囲気が漂う「ひよどり坂」など、散策定番コースをご紹介します。

江戸の東を守る「佐倉城」

佐倉城は、戦国時代に千葉氏の一族である鹿島幹胤(かしまもとたね)が築いた中世城郭を原型に、徳川家臣・土井利勝によって慶長16年(1611)頃より改修され、現在みる近世城郭となりました。江戸幕府常任最高職の老中経験者が、全国の藩で最多の9人も配置された歴史があり、江戸の東を守るために重要視された城なのです!

椎木門に築かれた角馬出が、佐倉城のシンボル的存在! そのあまりの大きさに驚きます。石垣はありませんが、空堀、土塁、天守台などの城の遺構を見学することができます。

この時代、徳川家に遠慮して天守が築かれなかったため、ほとんどの城では三階櫓を天守代用としていました(「御三階櫓」という)。発掘された礎石から判明したことは、佐倉城にもかつて天守(御三階櫓)があったこと。そして、天守台に段差を設け、外側から見ると3階建て、城内側から見ると4階建てに見える構造だったようです!

ちなみに、写真の天守模型は古写真に映る古河城(茨城県)の御三階櫓を模した佐倉城の天守です。実は、佐倉城の天守は文化10年(1813)に焼失。佐倉から古河へ転封となった土井利勝が、佐倉城の天守(御三階櫓)と同じ姿で建てたといわれているため、模型は古河城の天守(御三階櫓)をモデルにしています。

<佐倉城>
住所:千葉県佐倉市城内町官有無番地
電話番号:043-484-0679(佐倉城址公園管理センター)
佐倉城址公園管理センター
 営業時間:4月〜10月…9:00〜17:00、11月〜3月…9:00〜16:30
 定休日:1/1〜3
佐倉の城下町はご当地グルメの宝庫! 城下町散策に出かけてみましょう。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索