【城マニア向け】横堀が見事な城

【城マニア向け】横堀が見事な城

夫婦二人で6000近くの城を訪れているウモ&ちえぞーさんが、これまで訪れた関東の城の中から、横堀が見事な城をセレクト。迷路のように堀が入り組む小幡城や、深さ15mを超える横堀を持つ箕輪城など、その規模の大きさには圧倒されること間違いなしです!

愛知県出身の私は、初めて関東の城巡りをした際、それまで見たことがない規模の空堀を持った城がゴロゴロと存在することに驚嘆した。それまでは石垣が好きだったのだが、関東の城を見てからというもの、すっかり空堀に魅了されてしまった。そこで、今回は空堀の中でも特に素晴らしい横堀が見られる関東の城を紹介したいと思う。


[小幡城(茨城県)]侵入者を惑わす堀底道
城の北側にある駐車場から少し歩くと登城口となる。ここに立った瞬間、異次元の世界に入り込んだ錯覚を覚える。そこは幅約15m、高さ10m程もある堀底だ。歩を進めども延々と土の壁に囲まれ、どこをどう歩いているのかさっぱり分からなくなってしまう。

更に堀底道は屈曲し、先が見通せないようになっている。曲輪の隅部を張り出させたり、土塁を折り曲げる横矢掛りの工夫もある。これらは、死角を無くし、側面からも攻撃できるようにするためだ。主郭の周囲に横堀が巡り、北側は特に堅固な造りで二重になり、間の土塁も高く櫓台もある。その外側に配置された曲輪にも横堀が張り巡らされている。

まさに巨大迷路で、侵入者は本来の登城路が分からず堀底道を進むしかないだろう。そして、進路に迷い右往左往しているうちに、土塁上から簡単に狙撃されてしまう仕掛けだ。今すぐ現役として使えるほど遺構の保存状態が良く、堀底道を歩いていると不安に駆られてくる。また、堀底だけでなく土塁の上も歩いて、どこからでも堀底の敵を狙えることも確認して欲しい。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

埼玉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索