江戸城の水濠を優雅に周遊!? 東京湾クルージングで水から考える城めぐり

江戸城の水濠を優雅に周遊!? 東京湾クルージングで水から考える城めぐり

江戸城は広い! その大きさは、なんと千代田区+中央区約半分ほど。日本一大きな城といわれる江戸城には、江戸幕府の将軍・徳川家の居城がありました。最盛期では100万人以上の人口密集地だったお江戸。実は、江戸城の繁栄は、水と密接に関係していました。今回は、クルーズ船に乗って、江戸城めぐりの旅にでかけてみましょう!

総延長14km! 江戸城の外濠とは

慶長8年(1603)以降に拡張を開始した徳川家の居城、江戸城。幕府が諸藩の大名に築城に伴う工事をさせる「天下普請(てんかぶしん)」によって築かれました。外濠は総延長14km! 日本一広大なこの城が完成するまでおおむね30年ほど、初代将軍・徳川家康から3代将軍・家光まで随時普請が行われていました。

実は、江戸城の発展は、水と密接に関係しているので、水の視点からお江戸見物が楽しめる、クルーズ船がおすすめ! 東京の風を感じながら優雅にすすむ、タイムスリップ船旅へ、いざしゅっぱーつ!

五街道の起点の日本橋
日本橋クルーズ®︎ の目玉のひとつは日本橋です! 慶長8年(1603)に最初の木造・日本橋が建設されました。幕府によって、東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の「五街道」が制定され、すべての街道の起点がここ日本橋となったのです。その後、何度か架け替えられ、明治44年(1911)に現在の石造りの日本橋が誕生しました! 

ちなみに、橋についている「日本橋」の文字を書いたのは、徳川幕府最後の15代将軍・徳川慶喜。幕末の動乱では明治政府の敵となった旧幕軍ですが、大都市江戸を無血開城で引き渡した立役者、15代将軍・慶喜の功績は大きい……と、彼の文字が残ったのですね。

江戸時代〜大正時代の間、日本橋周辺(現在の日本橋本町1丁目、日本橋室町1丁目)には魚市場がありました。江戸時代初期に家康が連れて来た漁師たちが、将軍・諸大名へ調達した御肴の残りを売買したことに始まります。当時は、日本川沿いには鮮魚を乗せた船がたくさん集まり、とても活気があったそうですよ!

陸上交通だけではなく、水上交通の利便の良さも江戸を発展させた大きな要因だったのですね。


関連記事

城びとの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索