【イベントレポート】「萩原さちこさんとはじめての江戸城(皇居)〜トーク&江戸城さんぽ〜」

【イベントレポート】「萩原さちこさんとはじめての江戸城(皇居)〜トーク&江戸城さんぽ〜」

2019年6月2日、城郭ライターの萩原さちこさんと一緒に江戸城の魅力や見どころを体感するイベント「萩原さちこさんとはじめての江戸城(皇居)〜トーク&江戸城さんぽ〜」が開催されました。日本百名城は写真で見た程度で、実際に見学したことがあるのは大阪城や姫路城ぐらいというお城めぐり初心者ライターが、今回のイベントの模様をレポートします。

当日のイベントは、午前が「江戸城トークイベント」、午後が「江戸城さんぽ」の2部構成。まずは「江戸城トークイベント」で萩原さんが江戸城の歴史から見どころまで初心者向けに分かりやすく解説。続いて「江戸城さんぽ」では萩原さんのガイドで江戸城(皇居外苑〜皇居東御苑)を散策し、トークイベントで教わったポイントを自分の目で確かめるという内容です。

午前:江戸城トークイベント
午前のトークイベント開始30分前に受付が始まるや、朝早くにもかかわらず幅広い年代の参加者が続々と会場へ。受付横では城びとオリジナルグッズと萩原さんの著書販売が行われ、萩原さんにサインを求める人たちの列が後を絶ちませんでした。

トークイベントには35人が参加。萩原さんがポイントと資料をまとめたレジュメに沿って、「江戸城とはどんなお城で、いつ誰がつくったのか?」という“そもそも”から解説。江戸城に行ったことがないつもりの人も、現在の中央区と千代田区のほぼ全域がすっぽり収まる「外郭」には知らないうちに足を踏み入れていたとか、初心者でも江戸城がグッと身近に感じられる知識を丁寧に教えてくれました。

さらにトークのテーマは、江戸城のディープな見どころへ展開。江戸城を語る上で重要なポイントとして萩原さんが挙げたのは「“天下普請”で築かれた城」であること。天下普請、つまり幕命によって全国の諸大名が築城を請け負ったため、西国の大名は石垣、東国の大名は土木工事…と日本最高峰の技術が適材適所で発揮され、国の中心地にふさわしい名城に仕上がったそうです。

また、徳川幕府の本城である江戸城は慶長元年(1615)の武家諸法度の影響を受けず、初代将軍・家康から3代将軍・家光の代まで築城期間が長かったのも大きな特徴。そのため、築城した大名ごとの技術の違いのみならず、時代ごとの築造技術の変遷まで見られるお得なお城なのだとか。

お城を愛する萩原さんのトークは熱がこもり、時には「天守として代用されることのある三重櫓と天守との違い」など江戸城に限らず他の城にも当てはまる解説へと脱線。もちろん参加者の皆さんはお城好き揃いなので、こうしたディープな脱線トークを含めて熱心に聞き入っていました。もちろんお城初心者も歴史好奇心も存分にくすぐられ、心の中で何度も「へぇ〜」を連呼してしまいました。


関連記事

城びとの他の記事もみる

あわせて読む

関西の主要なニュース

京都 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索