日本100名城のなかで数少ない、鎌倉時代末期に築かれた城が大阪府と奈良県の境にあります。軍記物『太平記』で知られる、鎌倉幕府軍と戦った楠木正成が活躍した千早城。
楠木正成の戦略に大きな役割を果たした「赤坂城塞群」とともにめぐってみてはいかがでしょうか。起点となる富田林寺内町もあわせてご紹介します。

急な石段を登って本丸を目指す
大阪府と奈良県の境にそびえる金剛山(標高1125m)の中腹に、『太平記』の舞台となった千早城(大阪府)がありました。現在は千早神社が鎮座し、登山口から石段を登って千早神社を目指すことになります。

登城口から真っすぐのびる石段にひるみそうになりますが、実は視界の先にも次から次へと石段が続きます。段差の大きな石垣を登りながら、千早城を攻めるのがいかに大変かを体感してみてください。 石段を登ること約15分、第四郭(四の丸)に到達し平地が広がります。

千早神社にまつられる楠木正成
第四郭の奥にはさらに石段が続き、下り道の後、最後の急斜面を登り切ると千早神社に到着。千早神社裏側の一番高い部分が「主郭(本丸)」と考えられています。 室町時代の軍記物『太平記』によると、楠木正成が元弘2年(1332)に挙兵した際、千早城は楠木城(上赤坂城)(大阪府)とともに中心的な山城として重要な役割を果たしました。

千早城の麓で鋭気を養う
千早城登城口付近にはカフェや食堂、蕎麦店など、思わず立ち寄りたいお店が並んでいます。また、日本100名城スタンプが設置されている「金剛山麓まつまさ」では、金剛山の伏流水を使った伝統製法による豆腐が販売されています。お気に入りの場所を見つけて、千早城攻めの疲れを癒してください。