デビューから1年半で『ヤングジャンプ』の表紙を計7度飾った"平成最後の奇跡の原石"十味(とーみ)が8日、都内で1st写真集『とーみにこ』(集英社)の発売記念イベントを開催。初の写真集刊行に喜びを語った。

今回の写真集では憧れのハワイと、生まれ育った長野県の2ヶ所で撮影。水着やランジェリー姿のほか、すっぴん、コスプレなど、十味の魅力をさまざまな形で盛り込んだ内容になっている。ちなみにタイトルの由来は、デビュー前のニコニコ動画投稿時から使用しているIDであることに加え、「身長が149cmですごく小っちゃいので、"みに"(ミニ)が入っている」。

会場に現れた瞬間から記者たちの撮影が始まると、「もう撮るんですね〜」とマイペースな十味。お気に入りカットを見せる際にも、「もう話していいですか?」と、すでに意気込みは万全だ。

撮影が終わり、改めて初写真集の感想を聞かれると「撮影前日まで実感はなかったです。ぼんやりとした夢だったけど、まさか1年半で叶うとは思わなくて。皆さんのおかげで、うれしい限りです」と喜びを明かした。

お気に入りカットについて聞かれた十味は「2ついいですか?」と前置きし、まずは背表紙となったカットについて「実は完全すっぴんなんですよ。撮影で初めてなのですごく恥ずかしかったんですけど、皆さん褒(ほ)めてくださって、お気に入りです」と説明。

そしてもうひとつが長野で撮影した雪山でのカットだ。イメージは「JR SKISKI」のキャッチコピーだそう。「『ぜんぶ、雪のせいだ。』のような撮影をしてみたくて、特技のスキーもやってみたかったので、私の得意なこととやりたいことが詰まった撮影です」と笑顔で語った。

お気に入りは2つだったはずだが、さらに自ら「もう1個いいですか?」と切り出した十味は「今回はシーツのシーンだとか、エプロンのシーンだとか、背中の露出も多めになっていて、大胆な十味も見てもらえたらなと思います!」と見どころをアピールした。

また、お気に入りの衣装を聞かれると、ハワイで一発目に撮影したサンタクロース姿のコスプレを披露。「赤いオープンカーに乗って撮影したんですけど、街中を運転してもらって。サンタさんの恰好でハワイの街を乗り回すぞ!みたいな感じで楽しかったです」と、いい思い出になったそう。

最後に写真集について「伸びしろを考えて99点」と自己評価した十味は、「まだ私経験が浅くてにじみ出るものがない。(先輩の)川崎あやさんが先月出した引退写真集(『ジャパニーズ グラビア』)を見て、にじみ出るものがあるなと思ったので、そういう伝わるものが出せるように日々経験を積んでいきたいな」とセカンド写真集に対する意欲も見せた。

取材・文/鯨井隆正