写真はテレビ朝日の三谷紬アナ。法政大学社会学部卒業後、2017年にテレビ朝日に入社。昨年10月、『週刊ヤングマガジン』の表紙&巻頭グラビアを飾り、話題になった
写真はテレビ朝日の三谷紬アナ。法政大学社会学部卒業後、2017年にテレビ朝日に入社。昨年10月、『週刊ヤングマガジン』の表紙&巻頭グラビアを飾り、話題になった
昨年末にオリコンが発表した「第17回好きな女性アナウンサーランキング」は、テレビ朝日・弘中綾香アナが2連覇を達成しただけではなく、上位5人のランキングが前回とまったく同じという結果だった。

つまり、人気アナたちの牙城を崩すほど台頭したニューフェイスがいなかったということにほかならない。では今年、上位に食い込めるほど大ブレイクする女子アナは現れるのだろうか。

「本命は『好きな女性アナ...』で8位に入った日本テレビの岩田絵里奈アナ。10代、20代から支持されていて、バラエティでも存在感を発揮している。入社3年目ですし、伸びしろはかなりある」(女子アナライター)

対抗馬になりそうなのは、テレビ朝日の三谷紬(つむぎ)アナだ。

「深夜のバラエティ枠『バラバラ大作戦』でふたつの番組を担当していて、どちらもぶっちゃけ発言があったり、素が見られて好評なんです。

また、彼女のYouTubeチャンネルも人気で、クリスマスにグラビア撮影を生配信するなど、話題性と注目度は抜群。このまま認知度が高まっていけば、弘中綾香アナに匹敵する人気を獲得できるかもしれない」(放送作家)

そしてもうひとり、ブレイクの予感を漂わせているのが、狂言師・野村萬斎の長女で、TBSの新人、野村彩也子(さやこ)アナだ。

「春から大きな番組に起用されるという噂もあり、今年は飛躍の年になるのは間違いない」(TBS関係者)

今回紹介した3人の動向をぜひチェックしてほしい!