独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏
独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、肉料理を簡単に炭火焼き風にする「炭火焼き風! ゴールドブレンドバーガー」!

* * *

【今回の食材】
・チーズバーガー ・焼き鳥(タレ) ・ネスカフェ ゴールドブレンド

助手 グワアアアアアッー!! ウマいものが食いてぇー!! 食いてえよぉぉブワァァッー!!

野島 落ち着いて! 在宅ワークが続いて助手くんがついに壊れた!! ウマいバカレシピならこれから作ってあげますから!

助手 違うんス! コンビニ飯もファストフードもウマいけど、本格的な料理に飢えてるんス。炭火で焼き上げた焼き鳥、ハンバーグ、ステーキ、焼き肉......こればっかりは自宅の調理器具じゃ不可ッス!

野島 本格的な料理って結局肉ばっかりじゃないか! それなら簡単に雰囲気を出す方法がありますよ。バカレシピというか肉料理を炭火焼き風にするライフハックですけどね。

助手 そういうのを知りたい!

野島 それでは助手くん、近所でハンバーガーと焼き鳥を買ってきてください。

助手 はいはい、マックのチーズバーガーとスーパーの焼き鳥を買ってきたッスよ。

野島 いいですね。どちらももちろんウマいのですが、炭火で焼いた本格感はありません。

助手 焼き鳥とか串に刺したテリヤキチキンって感じッスからね。それはそれでウマいけど。

野島 そこで用意するのはネスカフェ ゴールドブレンドです。

助手 インスタントコーヒーをどうするんスか?

野島 指先で砕いて粉末状にして全体にパラパラッとかけるのです。これだけで本当に変わるから。ほら助手くんもやってみて。サイババになった気分で。

助手 サイババとか、そんな対おっさんネタは令和では伝わらないぞ! つーか、コーヒーと肉なんて絶対に合わないだろ!

野島 いいから試してみて!

助手 ウマァァッー!! わっ、これはマジでビビった。炭火焼きした肉の風味と完全に一致!

(1)かける! チーズバーガーを開き、指先でネスカフェゴールドブレンドをつまみ、砕きながらビーフパティ全体に軽く振りかける。バンズで再びビーフパティを挟んだら完成だ
(1)かける! チーズバーガーを開き、指先でネスカフェゴールドブレンドをつまみ、砕きながらビーフパティ全体に軽く振りかける。バンズで再びビーフパティを挟んだら完成だ

(2)かける! 続いて焼き鳥にも同様に砕いたネスカフェゴールドブレンドを振りかけよう。もちろんインスタントコーヒーならなんでも代用可能。焼き鳥は塩よりもタレがオススメ
(2)かける! 続いて焼き鳥にも同様に砕いたネスカフェゴールドブレンドを振りかけよう。もちろんインスタントコーヒーならなんでも代用可能。焼き鳥は塩よりもタレがオススメ

(3)完成!「炭火焼き風! ゴールドブレンドバーガー」
(3)完成!「炭火焼き風! ゴールドブレンドバーガー」

野島 コーヒー豆を焙煎(ばいせん)した香ばしさだけが肉に移るんですよ。これだけで本格的な炭火感出るでしょ? とにかく細かく砕いて、最初からかけすぎないこと。味に慣れたら追加で振りかけてもよし!

助手 僕はまだまだガッツリかけられるッス! 焦げた食感こそないけど、肉をレンジでアツアツに温めておいたら、本当に炭火の焼き立て感が出るッス! 特にチーズバーガーは相性が良くてビビるッスね。

(4)激ウマ! ケチャップ味のハンバーガーやタレ味の焼き鳥など、味の濃い肉料理にインスタントコーヒーの粉末をまぶすと焙煎した香ばしさだけが残り、驚くほど高級感が増してウマい!
(4)激ウマ! ケチャップ味のハンバーガーやタレ味の焼き鳥など、味の濃い肉料理にインスタントコーヒーの粉末をまぶすと焙煎した香ばしさだけが残り、驚くほど高級感が増してウマい!

(5)追加! かけすぎると当然苦味が強くなってしまうため、最初は少なめにかけるのがオススメだが、お好みで追いコーヒーをしてもよい。ハマるとどんどん苦くしたくなってしまう!
(5)追加! かけすぎると当然苦味が強くなってしまうため、最初は少なめにかけるのがオススメだが、お好みで追いコーヒーをしてもよい。ハマるとどんどん苦くしたくなってしまう!

野島 焼きチーズ感出るでしょ! さ、最後はこの熱湯を飲んで、胃の中で混ざってホットコーヒーが出来上がりますよ。

助手 いや、食後のホットコーヒーは普通に混ぜたやつを飲ませろって!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/下城英悟