酔った勢いで調子に乗って… 猫のぐっぴーが多義語を解説

 ぽっちゃり猫の「ぐっぴー」が身体を張って、ちょっと使い方の難しい言葉をゆる〜く、おもしろく解説する「ぐ辞苑(ぐじえん)」。一つの単語でたくさん意味がある「多義語」。わかっているつもりでも、使う場面や使い方に迷うことがよくあります。そんな「多義語」の用例を「ぐっぴー」が写真入りで説明します。

 第17回は「乗る」です。

(多義語の意味は、岩波書店『

広辞苑(第七版)
』によるものです)

意味その1:物の上に位置を取る。上に位置を占める。

用例「靴の上に乗り、飼い主の外出阻止を試みる。」 

【解説】 ぐっぴーはお留守番が嫌いだ。

そのため、飼い主が外出する気配を察知すると、いろいろな手を使って外出を阻止しようとしてくる。

そんな中、ぐっぴーは“飼い主は外出するときに靴を履く”ことに気が付いた。

そこでぐっぴーがとった外出阻止手段は

靴の上に乗り、飼い主が靴を履けないことで外出しないのではないか作戦だ。

これは成功か…

と思っていたであろうが、

飼い主は別の靴を履いて外出したことは言うまでもない。

意味その2:位置を移動するために動く物の上に位置を変える。乗物の上または内部に身を置く。

用例「外出をした飼い主を追いかけるため、マイカーに乗る。」

【解説】 外出の際、靴にマウンティングしてまでそばにいて欲しそうだったぐっぴーの様子を気にしていた飼い主は、家に設置してあるペットカメラを起動した。

そこで衝撃の瞬間を見た。

なんと、ぐっぴーが車に乗って、飼い主を追いかけようとしていたのだ。

しかし、ぐっぴーは車より大きかったため、車に乗ることができず、

無論、追いかけてくることはなかった。

 意味その3:身に憑(つ)く。のりうつる。

用例「ぐっぴーの身体に新橋のサラリーマンが乗り移る。」

【解説】 飼い主が帰宅すると、ぐっぴーが玄関に横たわっていた。

どうやら、飼い主がいなかった寂しさからやけになり、新橋のサラリーマンの霊を呼び寄せ、自身の身体に乗り移らせたようだ。

ぐっぴーは6歳の未成年なので酒が飲めないため、最終手段をとったのだ。

周囲には嘔吐の跡も見られたため、相当飲んだくれたサラリーマンが乗り移ったものと推測される。迷惑である。

意味その4:調子づく。勢いにまかせる。

用例「酔った勢いで調子に乗り、セクハラを行う。」

【解説】 新橋のサラリーマンが乗り移ったぐっぴーをたたき起こして目覚めさせると、あろうことか、突然ぐっぴーは飼い主を襲ってきたのだ。

酔った勢いなのか、調子に乗ってなんと(貧)乳まで触ってくる始末。

これは許し難い事態ということで、しっかり捕獲されたことは、翌日の新聞で確認されたし。

 


関連記事

おすすめ情報

sippoの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索