高温多湿な日本の夏は、犬や猫たちにとっても過ごしづらい季節。人間同様、“夏バテ”で体調を崩すペットも少なくない。真夏でも健康に過ごすためには、日頃からどのようなケアが必要なのだろうか。獣医師の弓削田直子先生(Pet Clinicアニホス院長)にお話を伺った。

夏バテの主な症状

 緊急性の高い熱中症と違って、そもそも夏バテには明確な定義がないため、その判断が難しいとされている。

「はっきりとした定義はないものの、食欲が全般的に落ちてしまったり、おなかを壊したりといった症状は多いですね。検査の数値も悪いところがなく、元気があってもそういった不調を訴えるケースはよくあります」

 パグやフレンチブルドッグなどの短頭種や、犬種を問わずシニアの場合は特に注意が必要だ。

 一方、猫は犬に比べれば暑さに強い傾向があるという。

「猫は、涼しい場所を自分で探して移動するのが得意。逆に、冷房の効きすぎた場所にずっといるのを好まない場合もあるので、空調の利いた部屋とそうでない部屋とを分けて、自由に行き来させられるといいですね」

夏バテの予防と対策

 犬や猫の夏バテは、日頃の小さな心がけで防ぐことができる。

■夏バテの予防
・室内温度を常に25℃〜26℃に保つ
 (窓を開けて換気しながら、上記の温度を保てるとさらにベスト)
・犬の散歩は早朝or夜に短時間で済ませる
・1日24時間で、どのくらい水を飲んでいるか把握しておく
・室内にひんやりマットを備えておく
・日当たりのいい部屋は、遮光して室温の上がり過ぎを防ぐ
・犬は水浴びやプールなどでクールダウンするのも有効
・夏場は服を着せない(ぬらせたり、熱の放散機能がある服はOK)
・動くのが大変なシニアには、部屋の中に給水スポットを増やしてあげる
・短頭種や肥満気味の犬は、日中のドッグランなどで長時間興奮させない

 ペットの異変にすぐ気付けるようにするため、日頃から生活リズムを一定に保っておくことも大事だという。

 また、水をあまり飲まない犬には、食事やおやつで水分を補うなど、工夫しながら摂らせるのもおすすめ。

「犬用のポカリスエットを与えるのは効果的です。また、きゅうりやトマト、スイカなど水分の多い野菜を好む場合には、下痢をしなければ、与えても問題はありません」

水分補給する犬

散歩中の必需品と応急処置

 もし、散歩中に愛犬がバテてきたら、どのようにクールダウンさせればいいのだろうか。小まめな水分補給はもちろん、この時季の散歩には保冷グッズも欠かせない。

■散歩の必須アイテム
・タオル(ぬらして使用)
・水
・保冷剤

 日陰に移動し、濡れタオルを体に当てるだけでも体温を下げることができる。

「特に、血管の太い首やワキ、内モモあたりを冷やすと効果的です。さらに風を当ててあげると、よりクールダウンさせることができますよ」

異変に気づいたらすぐ病院へ

 夏バテは熱中症と異なり、緊急な対応が必要ではないものの、放置すれば二次的にほかの病気を発症してしまう恐れもあるという。

「糖尿病や腎臓病、あるいはけいれん発作を伴うような持病を持つ場合や、認知症のあるシニアは特に注意が必要です。嘔吐(おうと)が続く場合も、脱水症状を起こしてしまうため早めに病院へ連れていきましょう」

「軽い夏バテだろう」と様子をみていたら、じつはほかの病気が進行していたケースもあるという。安易に自己判断せず、ペットの不調が続くときは病院に連れていくのが賢明だ。

猫の診察

 不調の症状を正確に伝えることも重要。

「ペットに異変を感じたら、その様子を動画で撮っておいていただけると診察の際に役立ちます」

 また、夜間など緊急時に駆け込める病院をリサーチしておいたり、ペットが服用している薬を把握しておくことも大事。突然の不調にも、慌てず対応できるように準備しておきたい。

 夏はもちろん、秋に入っても厳しい残暑が予想される昨今。少なくとも9月いっぱいまでは、万全の暑さ対策をとり続ける必要がありそうだ。