髪の引っ張りあい、口の中が丸見え…そこまでやるのが韓国の女優魂!

髪の引っ張りあい、口の中が丸見え…そこまでやるのが韓国の女優魂!

韓国ドラマを見ていて、ブルブルと恐ろしくなるときがある。

ホラーの場面がよく出てくる、というわけではない。

いがみあった女同士が、女子トイレで長い髪を引っ張りあって大ゲンカをする場面が見られるからだ。

誰も止めなければ、おぞましい形相でいつまでも取っ組み合っているから凄い。

韓国ドラマに出てくる女優は、美しい容貌を誇っていたとしても、必要とあればどんな醜態もさらけだしてくれる。

前述した女子トイレでの取っ組み合いもそうだ。長い髪をお互いに引っ張りあっている姿からは、美しさや気高さは完全に消え、男すら噛み殺すのではないか、という底知れぬ恐ろしさを感じる。

年配のドラマ愛好家たちと話していても、「ああいう女同士の大ゲンカをやり抜く韓国の女優は本当に凄い。とことんやってみせるからね」という称賛の声すら聞かれた。

口の中が丸見えも「NG」にならないワケ

韓国の女優を見ていて感心するのは、何でも見せることだ。

たとえば、食事の場面では、食べている女優の口の中がよく見えたりする。

噛み砕かれた食べ物が丸見えのこともあるくらいだ。

あるいは、食べながら話している場面では、何かの拍子に口の中の食べ物が外に飛んだりしているが、それでも構わずに、そのまま放送されている。

日本だったら、絶対に撮り直す。そうしなければ、女優がカンカンに怒るだろう。しかし、韓国では女優が気にしていない。むしろ、「迫真の演技ね」と思っているのかもしれない。

このように、日本のドラマでは女優がNGを出す場面が、韓国ではOKになる。

どこに違いがあるのか。

そこで思い出したのが、韓国における鍋の食べ方だ。

日本では菜箸で具を取って自分の受け皿に取ってから食べるが、韓国では自分のご飯用に使っているスプーンをじかに鍋に入れて具を取る。

そのスプーンにご飯つぶが付いていることがあって、鍋にもご飯つぶが入ってしまうのだが、誰も気にせずにスプーンを鍋の中に入れあっている。それが、韓国では当たり前の光景なのである。

そういう国で育つと、女優が口の中の食べ物を見せても抵抗がないのだ。

かくして、韓国ドラマを見る度に、「なんでもやってみせる」という女優魂にいつも感心してしまう。

(文=康熙奉)

康 熙奉(カン・ヒボン)
1954年東京生まれ。在日韓国人二世。韓国の歴史・文化や日韓関係を描いた著作が多い。主な著書は『知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物』『徳川幕府はなぜ朝鮮王朝と蜜月を築けたのか』『悪女たちの朝鮮王朝』『宿命の日韓二千年史』『韓流スターと兵役』など。最新刊は『いまの韓国時代劇を楽しむための朝鮮王朝の人物と歴史』。


関連記事

S-KOREA(エスコリア)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索