日本では乃木坂46白石麻衣や広瀬すずが上位に。韓国の美しき“CMクイーン”は誰か?

日本では乃木坂46白石麻衣や広瀬すずが上位に。韓国の美しき“CMクイーン”は誰か?

新しい年を迎え、テレビや新聞などで公開されている企業の新しいテレビCMが話題だ。

「白戸家の人々」で有名だったソフトバンクは、広瀬すず、宮本浩次(エレファントカシマシ)、田中圭、吉沢亮、清原果耶などキャスト一新で新シリーズをスタートさせているし、斉藤巧(ルフィ)、泉里香(ナミ)、窪塚洋介(サンジ)、池内博之(ゾロ)、大悟(ウソップ)らが漫画『ONE PIECE』のキャラクターに扮したIndeedの新CMも話題になっている。

2019年もさまざなCMが話題になりそうだが、2018年12月にニホンモニター株式会社が発表したところによれば、2018年の女性タレントCM起用社数ランキング1位は、乃木坂46の白石麻衣。カゴメ、キリンビールなど18社のCMに起用されたという。

2位に広瀬すず(15社)、3位に有村架純と渡辺直美、ローラ(12社)が入っており、ここまでがトップ5だった。

2017年の1位がローラ、2位が広瀬すず、3位が有村架純だっただけに、白石麻衣の急浮上ぶりがわかるが、今年こそいよいよ、広瀬すずのCMクイーン戴冠があるかもしれない。

日本ほどはっきりと何社という数字は出ていないが、韓国でも“CMクイーン”と呼ばれる女性芸能人やCMでブレイクした美女たちがいる。

韓国の“次世代CMクイーン”は清純派!?

2018年、最もブレイクしたCM美女は、シン・イェウンだろう。

シン・イェウンは、今年7月のウェブドラマ『A-TEEN』でデビューしたばかり。しかしデビューと同時に10のブランドのモデルに抜擢されるなど、一躍、“次世代CMクイーン”に躍り出た。

つい先日も、スポーツブランド「ルコックスポルティフ」のモデルに抜擢されたという報道があった。韓国のルコック関係者はプレスリリースで「2019年の新たなキャンペーンを展開するために、ライジングスターであるシン・イェウォンをモデルに抜擢した。シン・イェウンを通じてより新鮮なメッセージを伝える予定」と明かしている。

そんなシン・イェウンを『東亜日報』は、「“10代たちのチョン・ジヒョン”」と見出しを打って報じていた。

それは韓国において、チョン・ジヒョンが不動のCMクイーンであることを意味している。チョン・ジヒョンといえば、2001年の映画『猟奇的な彼女』や、2013年のドラマ『星から来たあなた』などに出演していることで、日本でも知名度が高い女優だろう。

2016年には「広告収入だけで140億ウォン(約14億円)」などと報じられたこともあるほどで、現在も存在感は抜群だ。

映画初主演のアイドルもCM増加

ガールズグループ「Apink(エーピンク)」のソン・ナウンも2018年、“CMクイーン”として名前が挙がるようになった。映画初主演を務めるなど、女優としても成長する彼女だが、広告業界でも人気急上昇中だ。


ソン・ナウンは2018年、食料品、ハンドバッグ、コスメ、アクセサリー、スポーツウェアなど人気スターが担うことが多い主要な広告のモデルとなった。他にも焼酎「チョウンデイ」の広告に登場したり、11月にはシャンプーの広告にも抜擢されたりしている。

ソン・ナウンを多くの企業が起用する理由について、とある関係者は「清純で健康的なイメージが魅力」と話している。ApinkがK-POPガールズグループのなかで清純派とされている影響も、プラスに作用しているのかもしれない。

好感度1位は…大人っぽさがアップした“フィギュア女王”!!

前出のチョン・ジヒョンのように、根強く多くの広告に起用されている韓国女性芸能人を知るためには、韓国放送広告振興公社が発表した「2018年消費者形態調査」が役立つかもしれない。

それによれば、消費者がもっとも好むモデルの1位は俳優パク・ソジュンだが、2位に元フィギュアスケート選手のキム・ヨナがランクインしている。


実際にキム・ヨナは広告業界から引っ張りだこで、「年間の広告収入だけで156億ウォン(約15億6000万円)」(『文化ニュース』)と報じられているほどだ。特に2018年は、世界的なラグジュアリーブランドとともに大人っぽい一面を見せ、大きな話題にもなった。

現役時代は“フィギュア女王”と呼ばれていたが、現在は“CM女王”として第一線で活躍しているといえるだろう。

ちなみに「2018年消費者形態調査」の3位は俳優コン・ユで、4位パク・ポゴム、5位ユ・ジェソク、6位スジ、7位IU、8位ウォンビン、9位チョン・ジヒョン、10位イ・ソジンだった。

日本でも白石麻衣が新たなCMクイーンに躍り出たように、韓国でもその座は毎年のように変化している。2019年は誰が新たな女王の座を射止めるのか、注目してみたい。

(文=慎 武宏)


関連記事

S-KOREA(エスコリア)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索