美女選手も期待!! 世界バレー惨敗にセクハラ発覚の女子バレー韓国代表初の外国人監督とは?

美女選手も期待!! 世界バレー惨敗にセクハラ発覚の女子バレー韓国代表初の外国人監督とは?

女子バレー韓国代表に新しい風が吹くか。

今年1月に女子バレー韓国代表の新指揮官に任命されたステファーノ・ラバリーニ監督が、2月28日、就任後初めて韓国を訪れる。女子バレー韓国代表にとっては、史上初の外国人監督だ。

それだけに、今回の初訪韓には注目が集まっている。

3月3日までの4日間、韓国Vリーグ女子を観戦して選手をチェックするというが、「女子バレー韓国代表ステファーノ・ラバリーニ監督、韓国に来る…原石の発掘なるか」(『スポーツアジア』)、「ステファーノ・ラバリーニ監督、意欲充満で期待感も上昇」(『STNスポーツ』)など、数多くのメディアで報じられている。

かつて日本でもプレーした絶対的エースのキム・ヨンギョンこそトルコでプレーしているが、Vリーグ女子にも代表チームの主力として活躍してきたスター選手が多いなか、新指揮官の選手選考に注目が集まっている印象だ。

1979年生まれでイタリア出身のステファーノ・ラバリーニ監督は、イタリアのクラブや女子ドイツ代表を指導した経験を持ち、現在はブラジル・スーパーリーガのミナス・テニス・クルーベの監督を務めている人物。

昨年の女子世界クラブ選手権では、ミナス・テニス・クルーベを準優勝に導いた。

韓国メディアは“世界的名将”と紹介しているが、そんな経歴も新監督が注目を集めている一因だろう。

もっとも、その就任過程も異例だった。

世界バレー直後にセクハラ発覚

振り返れば女子バレー韓国代表は、昨年9〜10月に日本で開催された世界選手権で、まさかの1次リーグ脱落。

同9月のジャカルタ・アジア大会では日本を破って銅メダルに輝いていただけに、この早期敗退は予想外で、韓国バレー界にも衝撃を与えた。

そのうえ、世界選手権直後には代表チームのコーチが女性スタッフにセクハラ行為を行っていたことも発覚。メディアとファンから批判が続出した。

結局、当時チームを率いていたチャ・ヘウォン監督は、成績不振と不祥事の責任をとって辞任。それから今年1月までの約3カ月は代役が決まっていなかった。

そんななかで新たに就任したのが、ステファーノ・ラバリーニ監督なのだ。世界選手権から続く悪い流れを断ち切り、チームを刷新してくれることに期待が集まるのも無理はないだろう。

選手たちも新監督への期待を隠さない。


“美女アタッカー”として人気を集め、現在Vリーグ女子の得点ランキングで韓国人選手トップを走っているパク・ジョンア(韓国道路公社ハイパス)も、韓国メディアにこう明かしている。

「代表チームで数年間プレーし、さまざまな監督から学んできました。今回は外国人監督というから驚いたが、何か新しいことを学ぶことができると思います。面白そうですね。もし代表に選ばれたら、監督のスタイルに合わせて付いていきたいです」

今年8月には、東京五輪アジア予選の出場権8枠をかけたアジア女子選手権大会がソウルで行われる。

(文=慎 武宏)


関連記事

S-KOREA(エスコリア)の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索