韓国財閥令嬢“ミルク姫”が韓国芸能界の「特大スキャンダル」にすべて関与しているのはなぜ?

韓国財閥令嬢“ミルク姫”が韓国芸能界の「特大スキャンダル」にすべて関与しているのはなぜ?

去る6月5日、韓国社会で大きな波紋を呼んだ“麻薬疑惑”を起したファン・ハナ容疑者の初公判が水原地方裁判所で行われた。

日本で“ミルク姫”などと紹介されることのある彼女は、芸能人ではない。韓国の財閥である南陽(ナミャン)乳業の創業者の孫娘で、いわゆる財閥3世だ。

ファン・ハナ容疑者はもともとSNSに多くのフォロワーを持つ“インフルエンサー”で、俳優兼歌手パク・ユチョンの元恋人として、大きな影響力を持った。

財閥3世として生まれ、韓国芸能界でも華麗な人脈を誇っていた彼女が、元恋人パク・ユチョンと麻薬を使用していたということで、韓国では大問題に発展した。

ファン・ハナ容疑者はすでに逮捕されて時間も経っており、本日初公判が開かれるわけだが、彼女の存在感は未だに色あせていない。むしろ日に日に高まっているといったほうが正確かもしれない。

麻薬芸能人を記載した“ファン・ハナリスト”?

というのも拘束された後も、さまざまな事件に彼女が関わっていたのではないかという疑惑が次々と浮上しているのだ。

例えば、BIGBANGの元メンバー、V.Iが芸能界を引退することになったグラブ「バーニングサン事件」との関連だ。

韓国の追跡報道番組『それが知りたい』(SBS)は今年5月、麻薬使用芸能人の名前が書かれた“ファン・ハナリスト”が存在するという疑惑を報じた。

つまりバーニングサン事件にもファン・ハナ容疑者が絡んでいたのではないかという話だ。少なくともファン・ハナ容疑者は、バーニングサンのVIPであったことは確からしい。

また最近は、韓国の大手芸能事務所の代表にも性接待疑惑が浮上しているのだが、そこにもファン・ハナ容疑者の存在が見え隠れしている。

性接待疑惑を報じたテレビ局MBCの探査企画番組『ストレート』によると、当該の性接待と思しき席に招待された一般人のなかに、ファン・ハナ容疑者の姿があったという。

ここ数カ月にわたって韓国社会を混乱させた特大スキャンダルに、いずれもファン・ハナ容疑者が関与した疑いがあるのだ。そんな現状に対して、「ファン・ハナの“狂った存在感”」と表現する韓国メディアもあるほどだ。

それにしても、なぜファン・ハナ容疑者はこれほどのスキャンダルに関与しているのだろうか。

前出した『ストレート』のコ・ウンサン記者はラジオ番組に出演し、ファン・ハナ容疑者の生い立ちに関係しているとの見解を示している。

コ記者は、「ファン・ハナは重要な人物だった。(性接待疑惑の場に)参加した投資家は海外から来た人たちだったのだが、英語で通訳ができ、自然に溶け込める人が必要だった。ファン・ハナがアメリカから来たので、その場に招待された」と明かしている。

財閥に生まれて育ちが良いため、投資家らと感覚も合い、さらに英語まで堪能であることから、ファン・ハナ容疑者が招待されたということだろう。警察はこの疑惑に関しても捜査を検討中だという。

真相はいずれ明らかになるだろうが、いずれにしてもファン・ハナ容疑者の存在感は日に日に高まるばかり。彼女は初公判に先立って、5回にわたって裁判所に反省文を提出したそうだが、はたして。

(文=慎 武宏)


関連記事

S-KOREA(エスコリア)の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索