札幌市街を抜けると、サイロや牛の姿が現れ始める。そして空が開ける石狩湾の近くに「石狩ひつじ牧場」がある。代表の山本知史さんは、22年間、札幌で「チーズマーケット」を営んできた。妻の美奈子さんと、フランスやイタリアなどの生産者を訪れて、チーズや食材を直輸入している。


旅を重ね、羊飼いの暮らしやチーズを深く知るにつれ、北海道でチーズを作りたい、羊乳チーズの魅力を広めたいと思うように。そこで2016年、2haの原野に畜舎を建て、井戸を掘り、牧場を始めた。乳用羊はオーストラリアとニュージーランドに出向き、アワシー、イーストフリージアン種などを自ら輸入。石狩は海が近く風があり、砂地のため、乾燥を好む羊にぴったりだった。


まさか54歳で羊飼いになるとは思わなかったよ、と山本さんは笑う。そして小規模な牧場だからこそ、多品種のチーズを少しずつ作って紹介していきたいという。直営店ではクリーミーな「石狩平野」(100g/税込1,500円)が人気。今後は、南仏で作られるロックフォールのような羊乳ブルーチーズにも挑戦していく。ここにしかない、農家製の羊乳チーズにぜひ出合ってほしい。


石狩ひつじ牧場

▲左/濃厚で優しい味わいの羊リコッタに愛南ゴールドが爽やか!中央/熟成中の羊ゴーダ。右/3月生まれの子羊、日向の匂いがした。

石狩ひつじ牧場
石狩ひつじ牧場
▲牧場に近い直営店は自家製チーズも種類豊富。
電話:070-6601-1116(要予約)
住所:北海道石狩市樽川485-1
直営店「チーズマーケット」で販売。
(住所:札幌市北区新琴似3条6丁目2-2 電話:011-765-1116)

(SKYWARD2020年8月号掲載)
※記載の情報は2020年8月現在のものであり、実際の情報とは異なる場合がございます。掲載された内容による損害等については、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。