やっと今季リーグ初出場。浦和レッズの至宝、矢島慎也が短時間で高難度技を連発

やっと今季リーグ初出場。浦和レッズの至宝、矢島慎也が短時間で高難度技を連発


[J1 12節] 浦和レッズ 3-3 清水エスパルス
2017年5月20日/埼玉スタジアム
 
 ペトロヴィッチ監督が“常套手段”を変えた。一時リードを許した清水に3-3と追い付き、再逆転を狙っていた状況下だった。ボランチの柏木陽介が足を攣って立てなくなる。84分、そこで投入されたのは、ボランチの3番手として重用されてきた青木拓矢ではなく、今季ACLの2試合のみに途中からピッチに立っていた矢島慎也だった。

 
 浦和ユース出身の司令塔が岡山からのレンタル復帰後、ようやくリーグ戦初出場を果たした。交代出場のためにコーチから名前を呼ばれた時は「自分も驚いた」と言う矢島だが、「チャンスが訪れれば、できる自信はあった」とピッチに登場。サポーターから大歓声と拍手が送られたが、「集中していたので、あまり分からなかった」。
 
 ポジションは3−5−2のアンカー。興梠慎三、ズラタン、武藤雄樹、高木俊幸と居並ぶ前線の強力なタレントを操る、難しい役割を託された。
 
「サイドにボールを散らしながら、一方で失点をしてはいけないので、バランスも見ていた」
 
 そう語る背番号39にボールが集中する。攻守をつなぐ中盤のキーマンの矢島は、さっそくズラタンに約20メートルの鋭い縦パスをつないでチャンスメイク(トラップが大きくなってしまう……)。さらに逆回転をかけてボールを止めるチップキックのパスも宇賀神につないで、スタンドをどよめかせた。
 
「(ズラタンへのパスは)もう少し浮かないように出したかった。まだ公式戦に出始めたところで、一つひとつのプレーに迷いがある。そこを乗り越えていきたい」
 
 浦和ユースから加入した2012年から14年まで、ペトロヴィッチ監督の下でプレーした。1年目に公式戦14試合に臨んだあと、新戦力も加わるなかで出場機会を減らし、3年目は一度もピッチに立てなかった。
 
 そして「自分の力を試してみたい」と、岡山へのレンタル移籍を決断。新天地では長澤徹監督に守備のセオリーから「読み」まで徹底的に叩き込まれ、”闘える”不動の司令塔としてチームを支える存在にまで成長を遂げた。

【浦和 3-3 清水 PHOTO】興梠ハットも…浦和、勝ち切れず
 昨季はリオデジャネイロ・オリンピックの日本代表に選ばれて、スウェーデン戦では決勝ゴールを決めた(スコアは1−0)。さらに岡山でもチームを牽引する抜群の存在感を示して、J1昇格プレーオフ決勝まで導いた(C大阪に0-1で敗れて、J1昇格ならず)。進化の証を、「結果」で残していった。
 
 そして2年間の武者修行を経て、今季、満を持して浦和にレンタルバックされた。ただ、「以前よりもみんなが上手くなり、チームが成熟している」と、J1&アジア優勝を狙うチームのレベルに触れて、「言葉にするのが難しいが、そこに合わせるところに難しさを感じてきた」と胸のうちを明かす。
 
 模索と手探りの日々。そのJ1屈指のタレントに揉まれるなかで、少しずつだが確かな手応えも掴んでいった。「派手さはないけれど、隙あれば縦パスを増やしていきたい。公式戦に出ていければ、どんどん上手くなっていける自信はある」と、あとは試合のピッチに立つ機会を増やしていけば『できる』と進歩している実感も得ていった。
 
 この日は最終ラインの前に立つアンカーを務めた。前線に飛び出してスペースを突かれれば、失点(この日であれば決勝点)を与えかねない。そのなかで、「岡山でもアンカーをしていたので、免疫はついている。ストレスなくプレーできた」。とはいえ、勝利を収められなかっただけに……後悔もしていた。
 
「ミドルを打てたら、もっと良かったかな」
 
 選手層は厚いだけに、自身とチームが結果を残せなければ、すぐに出場機会を失ってしまうかもしれない。そういった強い危機感は抱くなかで、試合に出て課題を見つけ、次につなげる――というサイクルがようやく出来てきた。
 
 中3日の5月24日にはACLの決勝トーナメント1回戦(ラウンド16)、済州ユナイテッド戦をアウェーで迎える。柏木のコンディションを考えると、阿部勇樹&青木拓矢または矢島のボランチ起用が有力だ。または、青木&矢島、矢島のシャドー起用など選択肢はいくつか考えられる。もちろんこの日のように、ジョーカーとして重宝されるかもしれない。
 
 
 矢島は淡々とだが、力を込めて言った。
 
 「あまり考えすぎず、全力でやるしかない。ひとつ上に行くためには、少ないチャンスを活かしていかないといけない」
 
 今回の清水戦は84分からの途中出場で、6分間+アディショナルタイムの6分間=計12分間ピッチに立った。「もう少し長い時間、試合に出られたら、今度こそなにかを残さないといけない。監督に『いいね』と思ってもらえるようなプレーをすることも大事になる」と覚悟を示す。
 
 浦和生え抜きの新司令塔候補の23歳。矢島がようやく、彼自身にとっても、そしてチームにとっても大きな一歩を踏み出した。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 
【浦和 3-3 清水 PHOTO】興梠ハットも…浦和、勝ち切れず

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索