【総体】女子決勝は連覇を狙う藤枝順心と2年ぶりの優勝を目指す日ノ本学園に

【総体】女子決勝は連覇を狙う藤枝順心と2年ぶりの優勝を目指す日ノ本学園に


 平成29年度全国高校総体(インターハイ)のサッカー競技は8月3日、宮城県内2会場で女子準決勝の2試合が行なわれ、藤枝順心(静岡)と日ノ本学園(兵庫)が決勝進出を決めた。

【インターハイ女子準決勝PHOTO】藤枝順心5-0星槎国際|藤枝順心が決勝進出!

 大会連覇を狙う藤枝順心(静岡)は、星槎国際湘南(神奈川)と対戦。前半4分にゴール前のシュートのこぼれ球を並木千夏が押し込み幸先よく先制した藤枝順心は、さらに同8分にもディフェンスラインの裏に抜け出した今田紗良が追加点。同24分には、U-17代表で主将の千葉玲海菜も追加点を挙げ、前半で藤枝順心が3-0とリードした。藤枝順心は後半にも今田がこの日2点目をゲット。さらに小原蘭菜がチーム5点目を奪い、結局5-0の大差で勝利を飾った。

 2年ぶりの女王の座を狙う日ノ本学園(作陽)と初優勝を目指す作陽(岡山)の一戦は、緊迫した攻防に。先制したのは日ノ本学園。前半26分、ペナルティエリア付近でボールを受けた内藤夏鈴が左足のシュートをねじ込む。前半を1点リードで折り返した日ノ本学園は後半5分、澁川鈴菜がドリブル突破からPKを奪取。これを伊藤美玖が決めリードを2点に広げる。しかし作陽も3分後、セットプレーのチャンスから山崎涼帆がヘディングシュートを叩き込み1点差に迫る。

 そしてドラマは後半アディショナルタイムに起きた。1点を追う作陽は再びFKのチャンスを得ると、ゴール前へのクロス性のキックがそのままネットを揺らす。これで同点となり、そのまま試合はPK戦に突入。これを日ノ本学園が終了間際に追いつかれたショックを払拭して4-2で制し、決勝戦へと駒を進めた。

 決勝は藤枝順心×日ノ本学園の顔合わせとなったが、この2チームは前回大会の準決勝でも激突。この時は初優勝を遂げた藤枝順心が2-1で勝利している。果たして、藤枝順心の2連覇なるか、それとも日ノ本学園がリベンジを果たし2年ぶりの女王の座に就くのか。決勝は、8月4日にユアテックスタジアム仙台で9時30分から行なわれる。 

 女子の準決勝の結果と決勝の組み合わせは、以下の通り。
 
インターハイ 女子サッカー
準決勝の組み合わせ(8月3日)
藤枝順心(静岡) 5-0 星槎国際湘南(神奈川)
日ノ本学園(兵庫) 2(4PK2)2 作陽(岡山)

決勝(8月4日)
藤枝順心(静岡) × 日ノ本学園(兵庫)

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索