【J1展望】甲府×G大阪|鮮烈デビューの新助っ人が、甲府の守備網をこじ開けるか

【J1展望】甲府×G大阪|鮮烈デビューの新助っ人が、甲府の守備網をこじ開けるか


J1リーグ 20節
ヴァンフォーレ甲府―ガンバ大阪
8月5日(土)/18:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
今季成績(19節終了時点):15位 勝点16 3勝7分9敗 10得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鹿島戦は0-3の黒星
●6戦連続無得点はJ1ワーストタイ記録
●横浜から高野遼のレンタル加入が決定

【担当記者の視点】
 前節、鹿島に0-3で敗戦。これで10戦勝ちなし、J1ワーストタイ記録の6戦連続無得点と、チーム状況は深刻だ。
 
 鹿島戦では5-4-1の布陣を採用。前半は堅固な守備ブロックを形成したが、得点を奪えず。後半は狙いのカウンターが奏功し、チャンスも作ったものの、守備が崩壊して3失点。システム変更でポジティブな面も見られたが、攻守のバランスを保てなかった。
 
 また、横浜から高野の期限付き移籍が決定したが、出場は次節以降か。加えて、元G大阪のFWリンスも獲得が既定路線と噂されている。しかし、今節は現状の戦力で臨むことになるため、攻守のバランスを整えながら、新システムを結実させたい。
J1リーグ 第20節
ヴァンフォーレ甲府−ガンバ大阪
8月5日(土)/18:00/吹田スタジアム
 
ガンバ大阪
今季成績(19節終了時):3位 勝点35 10勝5分4敗 34得点・19失点
 
【最新チーム事情】
●C大阪との“大阪ダービー”を逆転で制す。
●新戦力のファン・ウィジョが“大阪ダービー”で1ゴール。
●怪我から復帰した米倉が、C大阪戦で途中出場。

【担当記者の視点】
 C大阪との“大阪ダービー”を逆転で制し、首位と勝点6差の3位へ浮上。それでもチーム内に楽観ムードはない。長谷川監督が「生き残ったというか、状況はあまり変わらないので、次のゲームが非常に大事」と言うように、ここからの3連戦でいかに勝点を稼げるかが重要だ。

 今節は10戦未勝利の甲府が相手とはいえ、敵の手堅い守備網をこじ開けるのは決して容易ではない。そこを打開するうえでキーマンになりそうなのは、“大阪ダービー”で1ゴールを決めた新戦力のファン・ウィジョだ。

 デビュー戦(C大阪)では、貴重な同点ゴールを奪ったうえに、前線で上手くタメを作りチームにリズムをもたらした。鋭い動きを繰り返し、敵DFの背後を取る動きにも長けているだけに、再び攻撃の「起爆剤」となれるかは見物だ。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索