【総体】流経大柏のディフェンス陣に、元日本代表のレジェンドが授けた“極意”とは?

【総体】流経大柏のディフェンス陣に、元日本代表のレジェンドが授けた“極意”とは?


 まさに守りの勝利だった。決勝までのインターハイ5試合で、失点はわずかに1。初の単独優勝を飾った流経大柏の本田裕一郎監督は、「ついこの間のことを思えば考えられない。試合を重ねるごとに良くなったね」と、強度を高めたチームディフェンスを称えた。
 
 今季のプリンスリーグ関東では7試合を戦って12得点を挙げているが、失点も同数の12と少なくない。もともと堅守が拠り所のチームにしてみれば、いわば緊急事態だった。そこで指揮官が“1日講師”に招いた人物がいる。元日本代表CBの秋田豊氏だ。本田監督は「あそこで受けた刺激がけっこう大きかったんじゃないかな」と振り返る。

【総体決勝PHOTO】流経大柏が9年ぶり2度目の優勝! 2年生MF熊澤が決勝弾
 
 インターハイ予選が終わった7月上旬のこと。秋田氏はどんなポイントをレクチャーしたのだろうか。今大会で2年生CBの関川郁万とともに鉄壁のセンターを構成した3年生CB、瀬戸山俊が教えてくれた。
 
「もちろんディフェンスの話なんですけど、ヘディングのところが本当に参考になりました。ヘディングは眉間でするものだと。秋田さんに見本もやってもらって、ああこういうことなんだと驚かされた。ヘディングはみんな額でやってる感じだったんですが、実際に眉間でやってみたら、よく飛ぶんです。下を向いてやるから、上にふかすこともない」
 
 さらに、ペナルティーエリア内での対応についても“極意”を授かったという。
 
「切り返しがある、万が一があると想定して、簡単に足を出しちゃいけないと。1日だけだったんですが、すごく学ばせてもらいました」

 右SBで、ガンガンに攻めまくって存在を誇示した加藤蓮は、「言ってることは少し難しかったんですけど、タメになる話ばかりで、すごく参考になりました。その直後に大会に向けた合宿に入ったんですけど、やはり意識が変わった部分がありましたね」
 
 瀬戸山は、チームディフェンスの進化をこう捉えている。
 
「予選から含めて2失点ですからね。マンツーマンが主体の守備になって、個々の役割がはっきりした。僕はカバーリングだったんですけど、大会に入ってからどんどん固くなっていきましたね。関川ですか? すごい成長ぶりですね。もう信頼しきってますよ。大したヤツです」
 
 弱みを強みに変え、力強く9年ぶりの夏制覇を果たした流経大柏。瀬戸山は「ここで満足しきっちゃいけない。また明日からプリンスに向けて頑張って、選手権予選でもきっちり結果を出したい。もっと強くなれると思ってるんで」と、意気込んだ。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索