終了間際に執念の同点弾!谷口彰悟の一発で、多摩川クラシコは痛み分けに


[J1リーグ20節]川崎1−1FC東京/8月5日/等々力
 
 J1リーグ20節の川崎対FC東京が8月5日、等々力陸上競技場で行なわれ、1−1の引き分けに終わった。
 
 前半はお互いに最後の詰めを欠いてスコアレスで折り返したが、迎えた後半に試合が動いた。
 
 まずは49分、FC東京の太田宏介がオーバーラップし、右足でクロスを供給。これを中央の中島翔哉が頭で合わせ、先制点を流し込んだ。このゴールでリズムを掴んだFC東京はその後、カウンターで何度かチャンスを迎える。しかし、シュート精度を欠いて追加点は奪えない。
 
 一方の川崎は、なかなかチャンスを作れずにいたが、72分に森谷賢太郎、78分に森本貴幸、82分に長谷川竜也と攻撃的な選手を次々に投入。前線に厚みを出してプレッシャーをかけ続ける。そして終了間際の89分、森谷のCKを谷口彰悟がヘッドで合わせ、同点弾を沈めた。
 
 試合はそのまま1−1で終了。白熱の多摩川クラシコは勝点1を分け合う結果となった。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索