【J1採点&寸評】甲府 1-0 G大阪|決勝点のエースより輝いた最終ラインの“ドリブラー”。井手口は前後半で別人に…

【J1採点&寸評】甲府 1-0 G大阪|決勝点のエースより輝いた最終ラインの“ドリブラー”。井手口は前後半で別人に…


[J1リーグ20節]甲府 1-0 G大阪/8月5日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 6.5
蒸し暑い中でも終盤までコンパクトな組織を保ち、エリア内の対応も隙がなかった。終盤は縦パスから厚みのあるカウンターを仕掛けていた。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 6
特徴をよく知る古巣ということもあり、声で守備をよく統率して井手口と倉田のミドルを封じた。
 
DF
5 新里 亮 6.5
クロスを強みとする相手に対して、最後の局面でFWにしっかり身体を寄せて威力のあるシュートを打たせなかった。
 
8 新井涼平 7
ラインを積極的に上げながらも、背後を突かれることは皆無。クロスの跳ね返しも万全で出色の内容だった。
 
6 エデル・リマ 7
後半は5度のドリブル突破を見せ、決勝点もアシスト。それでいて守備も十二分にやっていた。
 
16 松橋 優 6(63分OUT)
59分の左足ミドルはGKの好守がなければ入っていた。途中交代にはなったが、しっかりと仕事をしている。
 
27 阿部翔平 6
E・リマが上がった状況のリスク管理で隙を作らず、ビルドアップも含めてチームに安定感をもたらした。
 
MF
2 島川俊郎 6(65分OUT)
期待されたスペースへの展開力は発揮し切れなかったが、セカンドボールの回収で期待に応えた。
 
40 小椋祥平 6
猛プレスで守備のスイッチを入れ、中盤にエネルギーをもたらした。古巣相手にしっかりと“恩返し”。
 
14 田中佑昌 6(71分OUT)
ボール奪取など守備の貢献をしつつ、3人目のFWとして前線への飛び出しも。ただし連係と精度を欠いた。
FW
9 ウイルソン 6.5
16試合ぶりの得点でヒーローに。終盤まで動きが落ちず、守備も含めて得点以外の貢献もあった。
 
10 ドゥドゥ 6
力みからか自滅のような凡ミスも散見されたが、後半は徐々にフィット。決勝点は彼のポストプレーから。
 
交代出場
MF
28 橋爪勇樹 6(63分IN)
運動量の部分でチームの不足を補い、藤春やアデミウソンに粘り強く対応していた。
 
MF
15 兵働昭弘 6(65分IN)
セカンドボールによく絡んで前向きにボールを持ち、的確な配球を見せていた。
 
MF
24 曽根田穣 6.5(71分IN)
73分には決定的なクロスを送り、味方のスペースを空けるフリーランニングもあった。
 
監督
吉田達磨 6.5
早めにカードを使い切る采配にはリスクもあったが、結果的にはそこから甲府の流れとなった。
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5
終盤は足が止まってディフェンスライン前のスペースががら空きに。甲府に敗れるべくして敗れたという展開で、サポーターからはブーイングも。
 
【G大阪|選手採点】
GK
1 東口順昭 6
ビッグセーブがひとつあり、甲府の決勝点もおそらくノーチャンス。ただとにかく守備組織を立て直せなかった。
 
DF
13 オ・ジェソク 5.5(82分OUT)
スペースに走っても出てこない場面が多く、ボールを持ってもクロスの精度がもう一歩。不完全燃焼感があった。
 
2 三浦弦太 5.5
後半は味方との距離が開いてボールに強く行けなくなり、特に最後の失点場面はどうにも寄せが甘かった。
 
3 ファビオ 6
甲府のクロス、縦方向のロングボールに対して強烈な弾き返しを見せ、個と個のバトルは優勢だった。
 
4 藤春廣輝 5.5
守備の破綻はなかったが、スピード、左足の一振りといった持ち味を試合の中で表現できなかった。
 
MF
8 井手口陽介 5.5
前半は質の高いクロス、得点に直結する発想を見せたが、後半は悪い意味で別人のプレーに。
 
15 今野泰幸 5
彼らしいボール奪取も1、2回はあったが、攻守のアグレッシブさを欠き、終盤は悪い流れに飲み込まれた。
 
25 藤本淳吾 6(42分OUT)
静かな試合展開の中で彼が特に目立つ場面はなかった。右膝付近の負傷により42分で交代。
 
10 倉田 秋 5.5
際どいクロスボールなどでクオリティは見せたが、終盤は守備の“戻り”が鈍くなっていた。
FW
11 ファン・ウィジョ 6(71分OUT)
69分のボレーは決定的だったが決め切れず。パワー、スピードも甲府の守備に吸収されていた。
 
20 長沢 駿 5.5
味方からいいクロスが入っていたが、得点に結びつけられず。特に66分のシュートミスは痛恨だろう。
 
交代出場
FW
9 アデミウソン 6(42分IN)
左MFに入って素晴らしい突進力、アイデアを見せたが、守備面ではおそらく綻びになっていた。
 
DF
14 米倉恒貴 5(71分IN)
右サイドハーフとして起用され、73分の決定機に絡んだが、最後の失点は彼の緩い対応が主因。
 
DF
35 初瀬 亮 −(82分IN)
米倉、三浦とともにボールに寄せられる位置にいながらウイルソンが打つスペースを空けてしまった。
 
監督
長谷川健太 5
終盤の急失速は不可解。藤本の負傷交代があったにせよ、カードの切り方も上手くいかなかった。
 
取材・文:大島和人(球技ライター)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索