【神戸】ポドルスキは2戦連発ならず…浮き彫りになった課題、指揮官の評価は?

【神戸】ポドルスキは2戦連発ならず…浮き彫りになった課題、指揮官の評価は?


[J1リーグ20節]柏3-1神戸/8月5日(日)/柏
 
【柏3-1神戸 PHOTO】ホーム柏が後半3得点で逆転勝利!神戸ポドルスキは得点ならず。
 J1リーグ19節、柏との一戦で、注目が集まったのはやはりルーカス・ポドルスキだ。 前節の大宮戦では、2ゴールの活躍で鮮烈なJデビューを飾っただけに、この日も得点が期待されていた。
 
 しかし、この男に訪れたシュートチャンスは前半と後半に1回ずつのみ。それも大きく枠を外し、前節のようなインパクトを残せず、無得点のままタイムアップの笛を聞いた。
 
 浮き彫りになったのは、周囲との連係面の課題だ。
 
 柏戦では、ボランチの位置まで下りてビルドアップに積極的に参加し、攻撃のリズムを作ろうと試みるプレーは見られたものの、相手の背後を突くようなゴールに向かう動きが少なかった。
 
 もともと動きの多いタイプではないが、それ以前に「この時にはこう動く」という共通意識が周囲とズレている印象で、攻撃時に孤立する場面も少なくなかった。
 
 神戸のネルシーニョ監督は試合後、こう語る。
 
「ポドルスキに関しては、まだ日本という国のフットボールに慣れ始めたところ。順応するまで我慢して見てあげないといけないところもある」
 
 まだまだ味方とのコンビネーション不足は否めない。とはいえ、ボールを持った時の迫力はやはり抜群。開始4分のシーンなどでは、相手をいなしながら前進する突破力も垣間見せた。
 
 順応まで我慢が必要だと話した指揮官も、その能力を高く評価している。
 
「ボールが入った時には彼の良さは出ていましたし、周りの選手たちの動くスペースも作り出してくれる。これからアダプト(適応)していけばもっと質は上がってくると思う」
 
 前節・大宮戦での2ゴールといい、その高い攻撃能力に疑いの余地はない。チームメイトがポドルスキに合わせるのか、それとも、ポドルスキが?日本のサッカー″に合わせるのか。いずれにしても、このワールドクラスのストライカーを生かすには、擦り合わせが必要だ。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)

関連記事

SOCCER DIGEST Webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索